本のページ

SINCE 1991

齋藤孝さん最新刊『本当の「頭のよさ」ってなんだろう?』のWeb連載が「よみもの.com」でスタート!

齋藤孝さん最新刊『本当の「頭のよさ」ってなんだろう?』のWeb連載が「よみもの.com」でスタート!

齋藤孝さん最新刊『本当の「頭のよさ」ってなんだろう?』のWeb連載が「よみもの.com」でスタート!

誠文堂新光社が運営する無料Webマガジン「よみもの.com」にて、バラエティや教養番組でも人気の明治大学教授・齋藤孝さんが10代の読者に向けて語った、ものの考え方や生き方についての指南書『本当の「頭のよさ」ってなんだろう?』の連載がスタートしました。

 

書籍の発売開始日6/5(水)より一足早く、WEB連載がスタート! 毎週木曜日更新

「勉強ができる=頭がいい」なのでしょうか?
学校生活を軸にした毎日を送る学生の人は、テストの点数だとか成績だとか偏差値というもので評価され、判定されています。だから、「勉強ができる、できない」が、頭のよさを測る絶対的な「ものさし」であるかのように思えます。

だけど、じつはそうじゃないんです。

学生という立場が終わって社会人になると、頭のよさを測るものさしが、突然変わります。
「勉強ができること」から、「社会に適応できること」に切り替わるんです。
「頭をよくする」というのは、生きるために必要な力をつけること。そのために勉強をするんです。

頭のよくならない人間はいません。だれにも努力できる力は備わっています。
どういうやり方をすれば、自分の力を伸ばしやすいか。そのことにどこで気づけるか、がポイントです。
将来の可能性をできるだけ幅広く残しておくために、さあ、どうするか。
このWEB連載で、そのヒントを受け取ってみてはいかがでしょうか。

装丁画・漫画:羽賀翔一さん/コルク

装丁画・漫画:羽賀翔一さん/コルク

【連載項目の一部】
◎頭がよくなりたいきみに
◎現実社会のなかで、どう適応していくか
◎「生きる力」が大事と言われるようになったワケ
◎身体能力も「頭のよさ」のひとつだ
◎自分で可能性を狭めちゃいけない
◎好きなことだけやって生きていけるか?

★連載URL:https://43mono.com/series/honto_smart/honto_smart1/

 

齋藤孝さん プロフィール

著者の齋藤孝(さいとう・たかし)さんは、1960年生まれ。静岡県出身。東京大学法学部卒業。明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。

『身体感覚を取り戻す』(NHK出版)で新潮学芸賞、『声に出して読みたい日本語』(草思社)で毎日出版文化賞特別賞を受賞。

『語彙力こそが教養である』(KADOKAWA)、『大人の語彙力ノート』(SBクリエイティブ)などベストセラーも多数。著書発行部数は1000万部を超える。NHK Eテレ『にほんごであそぼ』総合指導。

 

「よみもの.com」とは

「よみもの.com」は、各界の第一線で活躍する著者による、読めば心浮き立ち人生のタメになるWebマガジンです。

通勤やスキマ時間に読み切れるコンパクトサイズを、スマホで、PCで提供。「アイデア」「愛犬の友」「子供の科学」「天文ガイド」等の専門誌を刊行し、読者の好奇心に一世紀以上寄り添ってきた老舗出版社の経験を生かして、あなたの毎日を少しずつワクワクさせる読み物を届けます。すべて無料、会員登録不要です。

「よみもの.com」では、連載の各話に「読了時間」表示があるから、いま読み切れるコンテンツを即座に選べます。また、記事の最後にコメント欄が設けられているので、感想、著者へのメッセージ、期待する今後の展開など、好きなコメントをその場で送信できます。
※コメントは承認制となっており、送信したすべてのコメントが表示されるわけではありません。また、表示まで時間がかかることもあります。
※記事の中にはコメント欄を設けていないコンテンツもあります。

 

本当の「頭のよさ」ってなんだろう?: 勉強と人生に役立つ、一生使える ものの考え方
齋藤 孝 (著)

よく、「あの人は頭がいい」とか「自分は頭がよくないから」とか言いますよね。
その根拠はなんだろう?
きみは本当に頭がよくないんだろうか?

学校の授業さえきちんと受けていれば、「頭のよさ」は手に入るのだろうか?
いえ、それだけでは、いじめや不登校など、人生におとずれる多様な困難に打ち勝つ「タフな頭」を鍛えることはできません。

「頭がいい」というのは、脳の「状態」なのです。
頭のいい人、よくない人というように、分けられているわけじゃない。
みんな、頭のはたらきのいい状態と、そうでない状態がある。
その「はたらきのいい状態」を増やしていけば、だれもがどんどん頭がよくなります。
頭がいい状態なら、目の前の問題を解くのはたやすいことです(勉強でも人生でも)。
頭のよさは、生きていく力、現実を変えていく力なのです。
それでは、「頭のいい」状態を増やしていくには、どうしたらいいのでしょうか?

学校にはなんのために行くの?
受験にはどう臨んだらいいの?
本はどう読めばいいの?
周りの人とはどうつきあえばいい?
この本では、さまざまな身近なテーマから、一生使えるものの考え方を身につけて、頭のよさを磨いていく方法を伝授します。

 
【関連】
本当の「頭のよさ」ってなんだろう? | よみもの.com

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です