本のページ

SINCE 1991

長岡弘樹さんのベストセラー警察小説『教場』が主演・木村拓哉さん×脚本・君塚良一さんでドラマ化

長岡弘樹さんのベストセラー警察小説『教場』が主演・木村拓哉さん×脚本・君塚良一さんでドラマ化

長岡弘樹さんのベストセラー警察小説『教場』が主演・木村拓哉さん×脚本・君塚良一さんでドラマ化

フジテレビは「フジテレビ開局60周年特別企画」として、長岡弘樹さんによる、累計55万部突破のベストセラー警察小説『教場』を木村拓哉さん主演・君塚良一さん脚本でドラマ化し、2020年新春に放映します。

 

原作ミステリー『教場』とは

ドラマの原作となる『教場』は、「既視感ゼロ! 警察小説の新境地」といわれ、週刊文春「2013年ミステリーベスト10」国内部門第1位、宝島社「このミステリーがすごい!2014年版」国内第2位など、90以上のメディアで絶賛された大ヒット警察小説です。

 
【物語】
「君には、警察学校を辞めてもらう」
必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩、それが警察学校だ。

この教官に睨まれたら、終わりだ。全部見抜かれる。誰も逃げられない。
警察学校初任科第九十八期短期課程の生徒たちは、「落ち度があれば退校」という極限状態の中、異色の教官・風間公親に導かれ、真の警察官へと覚醒してゆく。

 
※小学館文庫『教場』『教場2』がドラマ原作となります。

 

あの名作が「フジテレビ開局60周年特別企画」としてドラマ化!

警察学校とは「不要な人材をはじきだすための篩(ふるい)」と考える教官・風間公親。
この身の毛もよだつ冷徹な男は、警察官を目指す生徒達をどのように選別し、鍛え上げていくのか。

 
ドラマでは、木村拓哉さん演じる教官と、個性あふれる生徒達がガチンコで向き合い、ともに修羅場をくぐりぬけていきます。そのリアルすぎる描写は、厳しすぎる上下関係、体罰、パワハラ、人権意識など、現代社会にも通じるテーマを数多くはらんでいます。

 
主役を演じる木村さんは、「原作、脚本どちらも読み物として面白い」「風間はキャラクターとして非常に魅力ある人物像」「おそらく見たことのない、味わったことのない作品になると思うので、驚く方が多いのではないかと思います」と手ごたえを語っています。

 

教場 (小学館文庫)
長岡 弘樹 (著)

希望に燃え、警察学校初任科第九十八期短期過程に入校した生徒たち。彼らを待ち受けていたのは、冷厳な白髪教官・風間公親だった。半年にわたり続く過酷な訓練と授業、厳格な規律、外出不可という環境のなかで、わずかなミスもすべて見抜いてしまう風間に睨まれれば最後、即日退校という結果が待っている。必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。

教場 2 (小学館文庫)
長岡 弘樹 (著)

必要な人材を育てる前に、不要な人材をはじきだすための篩。それが、警察学校だ。白髪隻眼の鬼教官・風間公親のもとに、初任科第百期短期課程の生徒達が入校してきた。半年間、地獄の試練を次々と乗り越えていかなければ、卒業は覚束ない。ミスを犯せば、タイムリミット一週間の“退校宣告”が下される。総代を狙う元医師の桐沢、頑強な刑事志望の仁志川など、生徒たちも曲者揃いだ。その中でも「警察に恨みがある」という美浦は、異色の存在だった。成績優秀ながら武道が苦手な美浦の抱えている過去とは?数々の栄冠に輝いた前代未聞の警察学校小説、待望の続編!

 
【関連】
フジテレビ開局60周年特別企画 教場 – フジテレビ

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です