本のページ

SINCE 1991

【訃報】台湾歌壇代表・蔡焜燦さんが死去 司馬遼太郎さんの『街道をゆく 台湾紀行』に案内役で登場

戦前の日本語教育を受けた人たちが創設した短歌結社「台湾歌壇」代表で、実業家の蔡焜燦(さい・こんさん)さんが7月17日、老衰のため台北市内の自宅で死去しました。90歳。

 
蔡焜燦さんは、日本統治下の1927年、現在の台中市で生まれました。地元の商業学校を卒業後、旧日本陸軍に志願し、日本で終戦を迎えています。帰台後は体育教師、船舶会社代理店の営業職などを経て、電子機器会社を創立し、長年会長を務めました。

日本の教育を受けて育った「日本語世代」の代表的存在として、日台交流に尽力。2014年には、日台の文化交流、相互理解に貢献したとして、旭日双光章を受章。親日家を超えた「愛日家」を名乗っています。

 
作家・司馬遼太郎さんの著書『街道をゆく 台湾紀行』で案内役を務め、「老台北(ラオ・タイペイ)」と紹介されたことで、日本でも有名になりました。

 

台湾人と日本精神(リップンチェンシン)―日本人よ胸をはりなさい (小学館文庫)
近年、台湾では国民党主導による反日教育が改められ、日本統治時代を正しく評価する歴史教育がスタートした。ところが、日本では自虐史観という“虚構”が、日本人から「自信」と「誇り」を奪ってしまった。本書では、「台湾には日本が今こそ学ぶべき“正しい日本史”がある」とする筆者が、「日本人よ、自信と誇りを取り戻せ」と訴える。昨年7月に日本で単行本化されたものの、小林よしのり著『台湾論』を巡る一連の騒動の中で、販売中止に追い込まれた「問題の書」を緊急文庫化!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です