本のページ

SINCE 1991

【訃報】漫画家・小槻さとしさんが死去 『パラノ天国』で文芸春秋漫画賞を受賞

漫画家の小槻さとし(こつき・さとし=本名:小槻智司)さんが5月7日、肺炎のため死去しました。72歳。京都府出身。葬儀は親族のみで営まれます。

 
小槻さとしさんは、1946年生まれ。高校卒業後、会社員、土木作業員、トラック運転手などを経て、1978年『少年マガジン』でデビュー。夕刊紙や毎日新聞のイラストなどで活躍し、東京タイムズで4コマ漫画「トホホ紳士録」、スポーツニッポンで4コマ漫画「超人戯画」、夕刊フジで4コマ漫画「珍物往来」を連載。

毎日新聞では1997年から1コマ漫画「ひとコマTV」を毎週連載。昨年に胃がんの手術を受けた後も、闘病生活を続けながら執筆をしていましたが、今年3月から休載となっていました。

1990年『パラノ天国』で文芸春秋漫画賞を受賞。他の作品に「究極これくしょん」「げんこつホシノくん」「週刊ワイド笑」など。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です