本のページ

SINCE 1991

【第23回手塚治虫文化賞】マンガ大賞に有間しのぶさん『その女、ジルバ』 新生賞は山田参助さん『あれよ星屑』

朝日新聞社は4月21日、第23回手塚治虫文化賞の受賞作品・受賞者を発表しました。

 

第23回手塚治虫文化賞が決定!

第23回手塚治虫文化賞の各賞が、次の通り決定しました。

 
■マンガ大賞(年間のベスト作品)
有間しのぶ(ありま・しのぶ)さん
『その女、ジルバ』 (小学館) 

(c)有間しのぶ/小学館/ビッグコミックオリジナル

(c)有間しのぶ/小学館/ビッグコミックオリジナル

■新生賞(斬新な表現、画期的なテーマなど清新な才能の作者)
山田参助(やまだ・さんすけ)さん
『あれよ星屑(ほしくず)』 (KADOKAWA)で、歴史の光と闇、人間の欲や業を鮮烈に描いた力量に対して

(c)山田参助/KADOKAWA

(c)山田参助/KADOKAWA

■短編賞(短編、4コマ、1コマなどが対象)
小山健(こやま・けん)さん
『生理ちゃん』(KADOKAWA) 

(c)小山健/KADOKAWA

(c)小山健/KADOKAWA

■特別賞(マンガ文化の発展に寄与した個人・団体)
さいとう・たかをさん
代表作『ゴルゴ13』の連載50年達成と、長年にわたるマンガ文化への貢献に対して

(c)さいとう・たかを

(c)さいとう・たかを

 
選考委員は、秋本治さん(漫画家)、杏さん(俳優)、桜庭一樹さん(小説家)、里中満智子さん(漫画家)、中条省さん(学習院大学フランス語圏文化学科教授)、南信長さん(マンガ解説者)、みなもと太郎さん(漫画家・マンガ研究家)、ヤマダトモコさん(マンガ研究者)、朝日新聞社常務取締役編集担当、朝日新聞東京本社文化くらし報道部長。

 
贈呈式は6月6日(木)午後6時から東京・築地の浜離宮朝日ホール(音楽ホール)で開催されます。限定グッズを会場で販売予定。300人を無料招待。
★申し込みページ:http://t.asahi.com/tezuka6

 

手塚治虫文化賞について

手塚治虫文化賞は、日本のマンガ文化の発展・向上に大きな役割を果たした手塚治虫さんの業績を記念し、手塚さんの志を継いでマンガ文化の健全な発展に寄与することを目的に、朝日新聞社が1997年に創設したものです。

昨年刊行された単行本(シリーズ作品も含む)を対象に、8人の社外選考委員によるポイント投票(持ち点15点、最高5点は1作品のみに配点可)と、書店員・マンガ関係者による推薦をもとに10作品が選ばれました。

もっとも優れた作品に与えられる「マンガ大賞」のほかに、清新な才能を顕彰する「新生賞」と、短編・4コマ・1コマなどを対象とする「短編賞」、マンガ文化の発展に寄与した個人・団体に贈る「特別賞」があります。
受賞者には、鉄腕アトム像と賞金(大賞200万円/その他100万円)、賞状が贈られます。

鉄腕アトム像

鉄腕アトム像

 

その女、ジルバ(1) (ビッグコミックス)
有間しのぶ (著)

伝説のママ・ジルバの店 BAR OLD JACK & ROSE―――
終戦直後から夜の世界で生きてきたホステスたちの高齢BAR。
ホステスの平均年齢は70歳以上。人生の酸いも甘いも知り尽くした女たちが最高のおもてなしで、常連客たちを迎える。
そこへ飛び込んだ一人の新人・笛吹 新(うすい・あらた)、40歳。
大手スーパーの倉庫で働く彼女は、恋人なし、貯金なし、老後の安心なしの崖っぷち人生。
リストラで希望の職場も追われ、夢も、仕事も、結婚も、あきらめかけた彼女が、笑い、歌い、踊り、いつの日か忘れていた何かを取り戻していく。
昼と夜、二足のワラジで働くことになった、見習いホステス・“アララ”。彼女のシングルライフに、どんな変化が訪れるのか!?

あれよ星屑 1巻 (ビームコミックス)
山田 参助 (著)

敗戦から1年あまり。ぼろぼろに焼け落ちた東京で、酒浸りの暮らしをしていた川島徳太郎は、かつて死線を共にした戦友・黒田門松に再会し……。その非凡なる画力に、同業者からも熱烈な賛辞を受ける、異色の漫画家・山田参助が挑む初の長編作。
闇市、パンパンガール、戦災孤児、進駐軍用慰安施設など、戦後日本のアンダーワールドの日常を、匂い立つような筆致で生々しく猥雑に描き出す、敗戦焼け跡グラフティ、開幕。

生理ちゃん
小山 健 (著)

共感の嵐を巻き起こす生理ちゃん、ついについに単行本化!

「大変なのを生理のせいにできないから大変なんです」
悩める女性たちの元にも、ツキイチで生理ちゃんはやってくる。

イタイ、ツライ、メンドクサイを吹き飛ばすほど、笑って泣けちゃう大傑作!
漫画「PMSちゃん」他、クスっと嬉しい描き下ろしもたっぷり収録!

ゴルゴ13 192 軍隊を持たぬ国 (SPコミックス)
さいとう・たかを (著)

軍隊を持たない国アイスランドで中国人の大規模な土地買収が始まる。中国軍による実効支配が目的だったのだが…傑作2編収録!

 
【関連】
手塚治虫文化賞 | 朝日新聞社インフォメーション
「第23回手塚治虫文化賞」贈呈式に読者300人ご招待(応募ページ):朝日新聞アンケート

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です