本のページ

SINCE 1991

西野亮廣さん『新世界』の“自腹”広告が「第86回毎日広告デザイン賞」最高賞を受賞!

第86回毎日広告デザイン賞が4月5日に発表され、西野亮廣さんの最新ビジネス書『新世界』(KADOKAWA)の広告が西野さん自身による購入、デザインディレクションにより、「広告主参加作品の部」において最高賞を受賞しました。

 

「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」が、毎日広告デザイン賞「広告主参加作品の部」で最高賞を受賞!

2018年11月16日の毎日新聞朝刊に掲載された広告

「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」

が、新聞社主催の広告賞では最古の歴史を持つ「毎日広告デザイン賞 『広告主参加作品の部』」で最高賞を受賞しました。

受賞作「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」 出典:毎日新聞社

受賞作「西野亮廣最新刊『新世界』本日発売」 出典:毎日新聞社

 
ちなみにこの広告は、西野亮廣さんが個人でスペース(全15段)を購入、コンセプト、デザインのディレクションを行ったものです。

これまでも著書出版のたびに、いわゆる“自腹”広告を行ってきた西野さんですが、当時は「西野亮廣が新聞の一面を個人で買った」という、ニュースになることが主目的でした。
すなわち、ターゲットは「ニュースとして取り上げたい」メディアでした。

一方、今回の受賞作はコンセプトを一新。
時代は流れ、個人で広告枠を買うことが、ニュースバリューとして“弱体化”していることを見込んで、ターゲットを「新聞の購読者の皆様」に切り替え、その満足度を極限まで高めることを目指しました。

すなわち、「広告を読み物にすること」をコンセプトにし、著書『新世界』の23ページ分に該当する「はじめに」を、広告紙面に落とし込んだのです。

 

西野亮廣さん プロフィール

西野亮廣(にしの・あきひろ)さんは、1980年生まれ。芸人、絵本作家、オンラインサロンオーナーetc.

著書に絵本『えんとつ町のプペル』、ビジネス書『新世界』などがある。
全作品がベストセラーになり累計発行部数は100万部を突破。2017年に刊行した『革命のファンファーレ』は「読者が選ぶビジネス書グランプリ2018」で総合グランプリに輝いた。

主宰する有料会員制コミュニティー(オンラインサロン)「西野亮廣エンタメ研究所」は、会員数が2万3000人を突破。国内最大規模を誇る

 

新世界
挑戦するたびにバッシングされそれでも失敗と成功を積み重ねてきたキングコング西野が向き合い続けるお金と信用、そして未来の生き方の具体的戦略。

 
「キミに必要なモノは『勇気』なんかじゃない。『情報』だ」

常に挑戦を続け、常に注目を浴び続け、本を出版すれば全作ベストセラー。
同世代を中心に圧倒的な支持を集め、自身が運営するオンラインサロンは国内最大。

時代を牽引する革命家・西野亮廣が語る「一歩踏み出す為に必要な情報」とは?

そして、西野亮廣が見た『新世界』とは?

今、世の中で何が起きていて、二年後に何が起きるのか?
西野亮廣がキミに語りかける、“学校では教えてくれない”これからの時代の生き方。

「大丈夫。まだ間に合う」

 
【関連】
第86回入賞作品一覧 広告主参加作品の部 | 第86回毎日広告デザイン賞

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です