本のページ

SINCE 1991

『週刊少年ジャンプ』×『週刊少年マガジン』史上初の共同プロジェクト「少年ジャンマガ学園」が開校! 連載作品約150タイトルが読める!

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

集英社と講談社は、『週刊少年ジャンプ』(集英社)と『週刊少年マガジン』(講談社)などの連載作品(「少年ジャンプ+」『別冊少年マガジン』「マガジンポケット」を含む)約150タイトルを無料で読むことができるWebサイト「少年ジャンマガ学園」を2019年4月8日(月)から6月10日(月)の期間限定で公開します。

 

「少年ジャンマガ学園」 概要

「ジャンマガ学園」は、「マンガの学校」をコンセプトにしており、『週刊少年ジャンプ』「少年ジャンプ+」『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』「マガジンポケット」の計5媒体で連載されている約150タイトル(2019年4月8日時点)を無料で読むことができる期間限定のWebサイトです。

 
これまでマンガに触れてこなかった若者世代に読んでほしいという想いから、利用者は22歳以下を対象としており、初めてサイトにアクセスした際に「生まれた年」を入力してもらうことで認証する仕組みになっています。

「ジャンマガ学園」では、マンガを無料で読めるだけでなく、ユーザーがSNS上で楽しむことができる「学校行事」も開催されます。最新情報は公式Twitterアカウント(@jm_gakuen)から随時発信されます。

 

つなげ!キミのバトン。「マンガリレー」

『週刊少年ジャンプ』『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』の連載作品71タイトルの第1話をあつめた「少年ジャンマガ」から、1作品を読んで次の人につなぐ「マンガリレー」も開催。

リレーをつなぐとジャンプ+ボーナスコインやマガポケポイント、LINEポイントが当たるルーレットが回せます。また6月10日(月)の卒業式に開催される大抽選会で使える「抽選くじ」も獲得することができます。さらに、バトンをつないだ人数に応じて、指定の作品が読み放題になる「限定公開授業」が開催されるチャンスも。

※マンガリレーで得たジャンプ+コインとマガポケポイントは、「ジャンプ+」「マガポケ」それぞれのアプリ内のマンガの閲覧・購読に使用できます。LINEポイントは「LINE」アプリ内での各種商品の購入に使用できます。

<参加方法>

(1) 1人目:「自分のチーム」を作成。好きなマンガを選択してメッセージを入力しマンガバトンの受取URLをTwitterやLINEなどで友達に送る。

(2) 2人目以降:前走者から届く受取URLからアクセスして、それぞれの走者が自分の読みたい作品を1つ選択してメッセージを入力し、マンガバトンの受取URLを友達に送る。「自分のチーム」は同時に3チームまで作成でき、1チーム内で何人でもリレー可能。友達が作成したチームに、1日3回まで参加可能。

 

作品の魅力を、キミの言葉で表現しよう。「読書感想文コンクール」

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

『週刊少年ジャンプ』と『週刊少年マガジン』の連載作品への熱い想いをTwitterに投稿する「読書感想文コンクール」では、ジャンプ編集部とマガジン編集部がそれぞれ審査を行い、ジャンプ+ボーナスコインやマガポケポイント、LINEポイントのほか、最優秀作には”激レア”賞品をプレゼント。
激レア賞品の詳細は、4月22日(月)に「ジャンマガ学園」サイトおよび公式Twitterで発表される予定です

なお、「読書感想文コンクール」ページは年齢制限なく閲覧可能です。

 
■募集期間:4月15日(月)~5月19日(日)
■結果発表:6月10日(月)
■参加方法:「#ジャンマガ学園読書感想文コンクール」を付けて、感想文をTwitterに投稿。リプライ機能で長く語っても、テキストの画像を貼り付けてツイートしてもOK。

 

両誌編集長も審査!「イラストコンテスト」

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

「ジャンプとマガジンの連載作品キャラクターが切磋琢磨しながら過ごす学園生活」をテーマに、思い思いのイラストをTwitterに投稿する「イラストコンテスト」では、最優秀作品には20万円の賞金を贈呈。さらに、両誌編集長が選定する「編集長賞」も用意されています。

なお、「イラストコンテスト」ページは年齢制限なく閲覧可能です。

 
■募集期間:4月15日~5月19日
■結果発表:6月10日
■参加方法:イラストを作成し、「#ジャンマガ学園イラストコンテスト」を付けてTwitterに投稿。

 

編集長コメント

■「週刊少年ジャンプ」編集部 編集長・中野博之(なかの・ひろゆき)さん

「マガジンとジャンプがタッグを組んだ!?エイプリルフールみたいなニュースだけど、ウソじゃありません!
少年たちにもっとマンガを読んでもらいたい。少年たちをマンガの力でもっともっと幸せにしたい。そんな想いから、世界一面白いマンガ校「ジャンマガ学園」が誕生しました。
授業はオール「マンガ」のみ! 最強の不良とか、かっこいい能力者とか、可愛いヒロインにも出会えるかも!? ひょっとしたら君自身が世界を救う鍵かもしれない。
さあ、ふるってご入学くださいませ!」

 
「週刊少年マガジン」編集部 編集長・栗田宏俊(くりた・ひろとし)さん

「ライバル同士がタッグを組むなんてまさに少年マンガみたいなことが起こってしまいました!
昨日の敵は今日の友。
心強い相棒です。
僕個人としては大っぴらにジャンプが読めて嬉しいです!
皆さんも僕らと一緒に「ジャンマガ学園」を楽しんでください。
ぜひ友達にも勧めてくださいね。
それでは2か月間、よろしくお願いします!」

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

(c)少年ジャンマガ学園製作委員会

 

各誌・各サイト概要

■『週刊少年ジャンプ』

1968年7月に月2回刊行の『少年ジャンプ』として創刊。1969年から週刊化。数々の大ヒット作を次々に生み出し、1995年新年3・4合併号ではマンガ誌として史上最大発行部数653万部を記録。コミックスの累計発行部数が1億部を超える作品を多数創出し、少年マンガ界を牽引し続け、2018年に創刊50周年を迎えた。
★公式ウェブサイト:http://www.shonenjump.com/j/

 
■「少年ジャンプ+」

「少年ジャンプ+」は60作以上のオリジナル無料連載マンガを掲載し、『週刊少年ジャンプ』電子版や「ジャンプコミックス」の購読もできる、1,000万ダウンロードを越えるマンガ誌アプリ。
★Webサイト:https://shonenjumpplus.com/
★iOSアプリ:https://itunes.apple.com/jp/app/shao-nianjanpu+/id875750302?l=ja&ls=1&mt=8
★Androidアプリ:https://play.google.com/store/apps/details?id=com.access_company.android.sh_jumpplus&hl=ja

 
■『週刊少年マガジン』

1959年3月17日創刊。「巨人の星」「あしたのジョー」という2大スポーツマンガを柱に少年マンガ誌として地位を確立し、1997年には日本一の発行部数を記録。「金田一少年の事件簿」や「GTO」などの実写やアニメに留まらないメディアミックス作品も数多く創出。現在ではファンタジーやラブコメを含む様々なジャンルの作品が掲載し、2019年に創刊60周年を迎えた。
★公式サイト:https://shonenmagazine.com/

 
■『別冊少年マガジン』

2009年9月9日創刊。キャッチフレーズは「いちばん新しい冒険の書!!」。現在は創刊時から連載中で累計8000万部目前の「進撃の巨人」を筆頭に少年・少女の絶望を描くダークファンタジー作品が数多く掲載され、少年マンガ誌の中でも異彩を放ち続けている。2019年9月に創刊10周年を迎える。
★公式サイト:https://shonenmagazine.com/

 
■「マガジンポケット」

『週刊少年マガジン』『別冊少年マガジン』の名作・連載作品に加えてオリジナルマンガも読むことができるマンガ誌アプリ。
★URL:https://pocket.shonenmagazine.com/

 
【関連】
ジャンマガ学園
ジャンマガ学園【公式】(@jm_gakuen) | Twitter

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です