本のページ

SINCE 1991

【第2回ミツバチの絵本コンクール】応募総数1,653点から20点の受賞作品が決定!

株式会社山田養蜂場は、「第2回ミツバチの絵本コンクール」の受賞作品を決定し、3月25日に表彰式を開催しました。

 

「第2回ミツバチの絵本コンクール」受賞20作品が決定!

「ミツバチの絵本コンクール」は、1999年より開催されていた「ミツバチの童話と絵本のコンクール」を、昨年からストーリー部門とイラスト部門の2部門に分けたもので、今回は2回目の開催となります。

まず、ミツバチをテーマに、「自然環境の大切さ」「社会とのつながり」「生命の尊さ」を表現した絵本のストーリー作品を募集。その後、ストーリー部門から最優秀賞に選ばれた作品の内容にあわせたイラストを募集しました。

本年は3歳~92歳と全国の幅広い年齢層の方から、計1,653作品(ストーリー部門:817作品、イラスト部門:836作品)の応募があり、その中から20点の受賞作品が決定しました。

 
なお、一般の部の最優秀作品「プックルさんちは 大さわぎ」は1冊の絵本となり、「みつばち文庫」として全国の小学校に届けられます。
★「みつばち文庫」の詳細URL:http://beekeeper.3838.com/activity/bunko/

 
<第2回ミツバチの絵本コンクール 受賞作品>

■ストーリー部門 最優秀賞
◎子どもの部:「女王バチへのプレゼント」(東 莉子さん/広島県)
◎一般の部 :「プックルさんちは 大さわぎ」(たじま はるかさん/東京都)

■イラスト部門 最優秀賞
◎子どもの部:関根 朱乃さん(神奈川県)
◎一般の部 :山岸 ゆりさん(東京都)

子どもの部 イラスト部門最優秀賞 関根 朱乃さん(神奈川県)

子どもの部 イラスト部門最優秀賞 関根 朱乃さん(神奈川県)

一般の部 イラスト部門最優秀賞 山岸 ゆりさん(東京都)

一般の部 イラスト部門最優秀賞 山岸 ゆりさん(東京都)

※全入賞者の一覧、受賞作品など詳細は、http://beekeeper.3838.com/activity/ehon/ をご覧ください。

 

「第2回ミツバチの絵本コンクール」表彰式を開催!

第2回ミツバチの絵本コンクールの表彰式が3月25日(月)、コートヤード・マリオット銀座東武ホテル(東京・銀座)で開催されました。

受賞者17名とご家族など34名、合計51名が参加。受賞者同士の交流や記念撮影、受賞者インタビューなどが行われました。

▲審査員と 表彰状を持った受賞者の皆さん

▲審査員と 表彰状を持った受賞者の皆さん

▲表彰状を授与されるストーリー部門子どもの部・最優秀賞受賞者

▲表彰状を授与されるストーリー部門子どもの部・最優秀賞受賞者

▲表彰されるイラスト部門子どもの部・受賞者の皆さん

▲表彰されるイラスト部門子どもの部・受賞者の皆さん

▲祝賀会にて受賞の歓びを語る 一般の部・最優秀賞受賞者

▲祝賀会にて受賞の歓びを語る 一般の部・最優秀賞受賞者

 

「第2回ミツバチの絵本コンクール」受賞コメント

■ストーリー部門 一般の部 最優秀賞
たじま はるかさん/東京都
「プックルさんちは 大さわぎ」

「ミツバチの巣が、1つの大きな家族で成り立っていると知った時、4人の子供達と日々ドタバタと過ごす自分の日常と重ね合わせて親近感を持ったのが、このお話を書いたきっかけです。この受賞を励みにし、今後も、毎日の暮らしの中にある幸せを、言葉に紡いでいきたいと思います。」

 
■イラスト部門 一般の部 最優秀賞
山岸 ゆり(やまぎし・ゆり)さん/東京都

「日頃イラストレーターとして活動する一方、今年度はご縁があり、子供たちが通う小学校のお便りに  挿絵を描かせていただきました。私の絵を見た多くの子供たちが目を輝かせてくれた事に感銘を受け、より深くその心に寄り添いたいと思い応募いたしました。」

 
■ストーリー部門 子どもの部 最優秀賞
東 莉子(ひがし・りこ)さん/広島県
「女王バチへのプレゼント」

「テレビ番組で、ミツバチは赤色が見えないことを知りました。『これは、お話の題ざいに できるな』と思いました。ミツバチが好きな花を調べたり、いろんなはちみつをなめてみました。その花の色も調べました。その中から、お話につかう花をえらびました。とても楽しかったです。さいゆうしゅうしょうと聞いて、とてもうれしかったです。」

 
■イラスト部門 子どもの部 最優秀賞
関根 朱乃(せきね・しゅの)さん/神奈川県

「お話をよんで、かぞくでようほう場を見学したことを思い出しました。遠心分りきを回して、すからはちみつをとりました。色々な花から色々な味・香り・色のはちみつがとれます。だから絵をかく時も、どんな花なのかしらべたり、花によってはちみつの色をかえました。」

 
【関連】
ミツバチの絵本コンクール。健康
みつばち文庫。健康食品、化粧品、鏡野町の自然や風景|山田養蜂場

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です