本のページ

SINCE 1991

【訃報】小説家・吉野匠さんが死去 『レイン』シリーズなど

ライトノベル「レイン」シリーズで知られる小説家の吉野匠(よしの・たくみ)さんが死去しました。「レイン」シリーズの版元・アルファポリスが公式サイトで2月20日に公表しました。

吉野匠さん著『レイン 15』

吉野匠さん著『レイン 15』

吉野匠さんは、東京出身。自身のホームページで2000年ごろから小説の連載をスタート。その中でも特にファンタジー小説「雨の日に生まれたレイン」が人気を博し、2005年にアルファポリスより『レイン』のタイトルで書籍化され出版デビューします。同シリーズは現在までに15巻を刊行、累計で130万部を突破するヒットシリーズとなっています。

著書に『俺と魔王令嬢の異世界婚活奮闘記』『ショウ』『忘却の覇王ロラン』『魔王の後継者』など。

 
アルファポリスは公式サイトで、「まさに現在興隆を極める Web発ライトノベル系小説の先駆者というべき存在でありました。デビュー後も広く他の出版社でも活躍。多数のヒット作を出され、10年以上にわたって第一線でご活躍されてきました。」とコメント。「このたびの突然の訃報に、編集部もただただ驚き、言葉を失っている状況です。」「「レイン」をご愛読いただいている方々、吉野匠さんのファンである方々にご報告させていただくとともに、吉野匠さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。」と哀悼の意を表しています。

 

レイン〈1〉雨の日に生まれた戦士 (アルファポリス文庫)
異世界に存在する大陸ミュールゲニア―長く続いた平和な時代も今まさに終わりを告げようとしていた。北の大国ザーマインの脅威に直面している小国サンクワール。その命運はもはや風前の灯火…誰もがそう考えていたとき、一人の黒衣の戦士が颯爽と歴史の表舞台に現れた!やがて、戦士と王女は出会い、サンクワールの、そしてミュールゲニアの運命を大きく変えてゆく!剣と魔法の最強戦士ファンタジー堂々の開幕。

 
【関連】
【訃報】吉野匠さんご逝去のお知らせ。〔PDF〕

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です