本のページ

SINCE 1991

長沼睦雄さん『10代のための疲れた心がラクになる本』刊行記念!書籍&いつかさんサイン入り複製原画プレゼントキャンペーン開催

長沼睦雄さん『10代のための疲れた心がラクになる本』刊行記念!書籍&いつかさんサイン入り複製原画プレゼントキャンペーン開催

長沼睦雄さん『10代のための疲れた心がラクになる本』刊行記念!書籍&いつかさんサイン入り複製原画プレゼントキャンペーン開催

誠文堂新光社より長沼睦雄さん著『10代のための疲れた心がラクになる本 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法』(漫画:いつかさん)が2月8日に刊行されましたが、これを記念して書籍と、人気イラストレーターいつかさんのサイン入り複製原画が当たるTwitterキャンペーンが開催中です。

 

新刊『10代のための疲れた心がラクになる本』&人気イラストレーターいつかさんのサイン入り複製原画が当たる!

――体の傷は手当てするのに、どうして心の傷は放っておくの?

HSP/HSC(敏感気質)の第一人者・長沼睦雄医師が10代に向けて書いた、『10代のための疲れた心がラクになる本』。
この本では、敏感すぎて傷つきやすい若者に、心をセルフケアする方法、自分を好きになる方法を伝授します。

 
本書の刊行を記念して、Twitterキャンペーンが実施中です。抽選で、発売されたばかりの、新刊『10代のための疲れた心がラクになる本』とイラストレーターのいつかさん直筆サイン入りの複製原画がプレゼントされます。

また、書籍刊行を記念してWebマガジン「cakes」(ケイクス)で連載もスタートしました。毎週火曜・金曜更新。
★URL:https://cakes.mu/posts/24337

 
【本の内容紹介】

人が大勢いるところでリラックスできず、居心地の悪い思いをしたことがありませんか?
ひょっとしたら、あなたは「HSP(敏感気質)」かもしれません。

漫画/いつか

漫画/いつか

でも、大丈夫。いろいろなことに敏感すぎて心がパンクしかけていても、自分で自分の心をセルフケアできるようになると、必ずラクになります。大切なのは、知識、心構え、行動、この3つです。

(1) まず、「この状態はどういうものか。治す方法があるのか」といったことを知る。
(2) 次に「よし、治すぞ」という心構えをもつ。
(3) そして、治していくために必要な具体的な技術を知り、行動を起こす。

この3ステップです。

どうすることが自分自身をラクにするのか、心の声を聞いて、一歩踏み出せばいいのです。行動に移せば、状況は変わります。

本書は、「敏感気質(HSP/HSC)」の第一人者でもある児童精神科医・長沼 睦雄先生が、これまでの臨床経験を総動員して書いています。前半は「知識編」、後半は「技術編」。大人ももちろん、とりわけ、多感な思春期を生きる10代の方にこそ、ぜひ読んでほしい一冊です。

 

プレゼントキャンペーン 概要

■実施期間:2019年2月12日(火)~2月28日(木)

■プレゼント内容
◎『10代のための疲れた心がラクになる本』を10名にプレゼント
◎さらに、Wチャンス! 本の当選者の中から抽選で1名に、イラストレーターいつかさんの直筆サイン入り、書籍の表紙イラストの複製原画をプレゼント

■応募方法
◎Step1:「よみもの.com」Twitterアカウント(@yomimonocom)をフォロー
◎Step2: 2/12(火)の指定ツイートをリツイートするだけ!
※当選の方にのみ、「よみもの.com」Twitterアカウント(@yomimonocom)よりDMにて連絡があります(3月上旬予定)。

■応募概要・応募条件
◎当選後について:当選者の名前、TwitterユーザーID、住所、電話番号、メールアドレスを伺うので、当選通知DMにて通知する連絡期限までに連絡してください。
◎注意事項:当キャンペーンへの応募、当選は、日本国内にお住まいの方に限ります。また、以下のいずれかに該当すると判断された場合、応募、当選を取り消す場合があります。
・公式Twitterアカウント「よみもの.com」(@yomimonocom)をフォローされていない方、外されてしまった方
・ツイートを取り消しされた方
・Twitterのツイートを非公開に設定されている方
・Twitterのダイレクトメッセージの受信を拒否されている方
・当選が重複している場合
・当選者の連絡先不明、長期不在などにより、当選通知及び賞品を届けられない場合
・当選連絡後、指定された期限までに連絡をもらえない場合
・賞品が返送された場合
・必要事項に不備、または虚偽があった場合
◎禁止事項:以下に該当する行為を禁止します。もし以下のいずれかに該当すると判断された場合、応募、当選を取り消します。
・当選の権利の譲渡、換金等
・名義変更、担保供与等

 

長沼睦雄さん プロフィール

著者の長沼睦雄(ながぬま・むつお)さんは、十勝むつみのクリニック院長。北海道大学医学部卒業。脳外科研修を経て神経内科を専攻し、日本神経学会認定医の資格を取得。北海道大学大学院にて神経生化学の基礎研究を修了後、障害児医療分野に転向。北海道立子ども総合医療・療育センターにて14年間小児精神科医として勤務。平成20年より北海道立緑ヶ丘病院精神科に勤務し、小児と成人の診療を行っていた。

平成28年9月に開業し、発達性トラウマ障害、HSP、アダルトチルドレン、神経発達症などの診療を専門として取り組む。

著書に、『敏感すぎる自分を好きになれる本』(青春出版社)、『子どもの敏感さに困ったら読む本 児童精神科医が教えるHSCとの関わり方』(誠文堂新光社)、『大人になっても敏感で傷つきやすいあなたへの19の処方箋』(SBクリエイティブ)などがある。

 

10代のための疲れた心がラクになる本: 「敏感すぎる」「傷つきやすい」自分を好きになる方法
紹介
友だち関係、勉強、家族、容姿……ストレスは多いけれど、大丈夫! 君は変われる!

□ 心がざわつくこと、つらいことが多くて、イヤな気分に押しつぶされそう
□ 朝起きると「また一日が始まる」と、どんよりした気分になる
□ 笑うことができなくなっちゃった
□ 自分のことをわかってくれる人がいない、ひとりぼっちだと感じている

気がつけば、こんな状態になってしまっていませんか?
でも、大丈夫。
心がパンクしかけていても、自分で自分の心をセルフケアできるようになると、必ずラクになります。生きやすくなります。
大切なのは、知識、心構え(マインド)、行動(技術)、この3つです。

1) まず、「この状態はどういうものか。治す方法があるのか」といったことを知る。
2) 次に「よし、治すぞ」という心構えをもつ。
3) そして、治していくために必要な具体的な技術を知り、行動を起こす。

この3ステップです。
どうすることが自分自身をラクにするのか、心の声を聞いて、一歩踏み出せばいいのです。
行動に移せば、状況は変わります。

 
■目次
知識編 ~なぜ君は生きづらさを感じてしまうのか~
1 ストレスの正体を知ろう
2 思春期の脳と身体と心
3 5人に1人いる「超敏感気質(HSP)」を知っている?
4 人間関係で傷つきやすい君に

チャレンジ編 ~どうすれば気持ちを変え、行動を変えられるか~
5 傷ついた心との向き合い方
6 言葉を変えると、心も変わる
7 自分をラクにする技術
8 自分を好きになろう!

 
【関連】
よみもの.comさんのツイート: 『10代のための疲れた心がラクになる本』(長沼睦雄著)を10名様にプレゼント!その内から1名様に、カバーイラスト&マンガ担当:いつかさんのかわいいサイン入り複製原画も当たる☆彡

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です