気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『20歳のソウル』「市船ソウル」作者と市立船橋高校吹奏楽部の絆が起こした奇跡が書籍化

中井由梨子さん著『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』

中井由梨子さん著『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』

中井由梨子さん著『20歳のソウル 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド』が小学館より刊行されました。

 

市立船橋高校の応援曲「市船ソウル」の作者であり、2017年1月に20歳で短い生涯を閉じた浅野大義さんと、吹奏楽部との絆――テレビ、SNSでも話題になった“奇跡”を辿る

「俺の心は死んでても、俺の音楽は生き続ける」――

2017年1月、20歳で短い生涯を閉じた浅野大義さん。癌に侵された彼の告別式には、164人の吹奏楽部員が集まりました。そこで奏でられたのは「市船ソウル」――彼が千葉県船橋市立船橋高校在学中に作った曲でした。

2016年甲子園予選千葉県大会で演奏され、TwitterなどSNSでも話題となったこの曲は、吹奏楽部大会で、高校野球アルプススタンドで、そして今年の第100回全国高校野球千葉県大会でも、今なお受け継がれています。

朝日新聞「声」欄に投稿された大義さんのお母様の投稿が静かな反響を呼び、『報道ステーション』でも特集された「市船ソウル」作者と市船の絆、そして告別式に起きた奇跡を辿ります。

 
【10代に人気の作家・0号室さんも推薦! コメント(帯より抜粋)】

「声も、姿も、見たことがない存在から励まされるなんて思ってなかった。それも“精一杯、じゃなくていいから、とにかく生きろ”と背中を軽くも強く叩かれた気持ちになった。これを読み終えた次の日、僕の目元は腫れていた。」

 

中井由梨子さん プロフィール

著者の中井由梨子(なかい・ゆりこ)さんは、1977年兵庫県出身。劇作家・演出家・演技指導講師。

1996年、神戸で旗揚げされたガールズ劇団・TAKE IT EASY!に座付き作家として入団。2010年、劇団中井組の座付き作家・演出家に就任し、2013年まで活動。2018年2月mosaiqueを結成。

近年の代表作には「Earth Rise ~世界のはじまりに君に逢いにいく~」(脚本・演出)、「mosaique File1『PRISM』」(脚本・演出)などがある。今回が初の著作。

 

20歳のソウル: 奇跡の告別式、一日だけのブラスバンド
俺の心は死んでても、俺の音楽は生き続ける」市立船橋・吹奏楽部と大義くんの絆が生んだ心揺さぶる実話。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です