気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『30代からの「異業種」転職 成功の極意』テレビ東京系ドラマ『ヘッドハンター』監修者による業界初の「異業種」転職マニュアル本!

武元康明さん著『30代からの「異業種」転職 成功の極意』

武元康明さん著『30代からの「異業種」転職 成功の極意』

人材業界に携わって21年、2万人を超える人材と関わって来た経験を持つすご腕ヘッドハンターの武元康明さんによる、業界初の「異業種」転職本『30代からの「異業種」転職 成功の極意』が、河出書房新社より刊行されました。

 

人生100年、60年間働く時代に! 30代でも40代でも未経験でも、業種や会社の枠を超えて“天職”を手に入れる!

長寿社会化によって就労期間も長くなる今後は、一貫性を持ったキャリアをデザインし実践することがより重要になります。

そのためには、先ず「自分のことを知る」能力を養うこと。それがひいては相手(転職先)を知る力となり、転職を成功に導くことにもつながっていきます。

 
これまでの転職本では「専門知識・スキル・ノウハウ」のような形式的で定型化しやすい要素(=アプリケーション)にスポットを当てたものがほとんどでしたが、この本では、まさにそれこそが転職の成否を分けるカギとも言える、非形式的で定型化しにくい暗黙的な要素(企業文化や個人の意識構造など=OS)を中心に、一貫性を持ったキャリアデザインを描き実践することの大切さ、方法を伝授します。

また、実際の成功・失敗事例も豊富に紹介し、「外部からも評価される人材」になるためのノウハウを解説します。

 

本書の目次

第1章 なぜいま “30代からの異業種転職” なのか

第2章 「異業種」転職に成功する人・失敗する人

第3章 「会社の枠を超えて評価される人」とは

第4章 転職を成功に導く “武元メソッド” ~自己OS編

第5章 転職を成功に導く “武元メソッド” ~企業OS編

第6章 評価される人=転職勝者になるには

第7章 グローバル化の中での日本型ビジネスの再評価

 

武元康明さん プロフィール

著者の武元康明(たけもと・やすあき)さんは、1968年8月20日生まれ、石川県出身。半蔵門パートナーズ代表。日系・外資系、双方の航空業界を経て、21年の人材サーチキャリア、2万人超のインタビュー実績を持つ世界有数のトップヘッドハンター。

自ら日本型と西洋型企業で働き、その経験を依頼主(求人)と候補者のマッチングに活かす。クライアント対応から候補者インタビューまで幅広く手がけるため、全国各地を飛び回る。CM出演をはじめ、大阪教育大学・研究発表会や東京外国語大学でのビジネスキャリア・講師&科研費事業研究メンバーとして幅広く活躍。2003年サーチファーム・ジャパン設立に参加。社長・会長を歴任後、現職(2008年より)。

著書に『会社の壁を超えて評価される条件 日本最強ヘッドハンターが教える一流の働き方』(徳間書店)、『ヘッドハンターはあなたのどこを見ているのか』(メディアファクトリー新書)ほか。

 

30代からの「異業種」転職 成功の極意: 超一流ヘッドハンターが教える!
30代からでも未経験職種でも。自分の資質を知り自分の「価値」を売るノウハウを分かりやすく解説した異業種転職マニュアル決定版!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です