気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『いつかすべてが君の力になる』声優・梶裕貴さんが夢に向かう全ての人にエールを送る!「14歳の世渡り術」シリーズ新刊

『いつかすべてが君の力になる』声優・梶裕貴さんが夢に向かう全ての人にエールを送る!「14歳の世渡り術」シリーズ新刊

『いつかすべてが君の力になる』声優・梶裕貴さんが夢に向かう全ての人にエールを送る!「14歳の世渡り術」シリーズ新刊

『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『七つの大罪』メリオダス役、『僕のヒーローアカデミア』轟焦凍役など数々の話題作で主役を務める実力派声優・梶裕貴さんが、初の著書『いつかすべてが君の力になる』を河出書房新社より刊行しました。

 

声優・梶裕貴さん初の著書にして全編書き下ろし! 撮り下ろしグラビアも多数掲載!

本書は、河出書房新社のYAシリーズ「14歳の世渡り術」の新作。14歳で声優を目指し始めたという梶裕貴さんの下積み時代の苦悩から「声優」という仕事への思いまでを語った、夢に向かう全ての人にエールを送る一冊です。

本書は全編、著者による書き下ろし。その他、スタジオでのアフレコ収録時の様子をレポートした撮り下ろしグラビアや、恩師とも言える存在の三間雅文音響監督のスペシャルインタビューなども収録しています。

 
■梶裕貴さんより
「僕が声優を目指し始めたのも、ちょうど14歳の時。
これも何かのご縁だと思い、執筆させていただく運びとなりました。
本のタイトルは、僕自身、とても大切にしている言葉です」

その他、刊行記念コメントをtwitterで発信中!
https://twitter.com/Kawade_shobo/status/986423905106649089
https://twitter.com/Kawade_shobo/status/987230981013684224
https://twitter.com/Kawade_shobo/status/991924450252677120
https://twitter.com/Kawade_shobo/status/989802469453524999

 

本書の目次

第1章 僕が14歳だった頃

第2章 夢に向かって進むということ

第3章 「声優」って、どんな仕事?

第4章 プロフェッショナルとは

第5章 選ばれ続けるために

 

梶裕貴さん プロフィール

著者の梶裕貴(かじ・ゆうき)さんは、『進撃の巨人』エレン・イェーガー役、『七つの大罪』メリオダス役など多数の話題作で主人公を務める。

2009年「第3回声優アワード」新人男優賞を、2013年、2014年の2年連続で「声優アワード」主演男優賞を受賞。

 

「14歳の世渡り術」とは

2007年創刊。「知ることは、生き延びること。」をモットーに、学校では教えてくれない「世の中を生き抜く方法」をすぐれた執筆者陣が伝授。

取り上げるテーマは友達、家族、進路など学校や日々の生活で抱える悩みや疑問に寄り添ったものから、選挙、お金など社会の仕組みに関わることや日本史や数学などの学問分野にいたるまで幅広いラインナップを揃えています。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です