気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『「妻に捧げた1778話」が私を救った』眉村卓さんが妻なき今への率直な気持ちを綴った記事を電子書籍化

『「妻に捧げた1778話」が私を救った』眉村卓さんが妻なき今への率直な気持ちを綴った記事を電子書籍化

『「妻に捧げた1778話」が私を救った』眉村卓さんが妻なき今への率直な気持ちを綴った記事を電子書籍化

文藝春秋・電子書籍編集部では、電子書籍オリジナル『「妻に捧げた1778話」が私を救った』(眉村卓さん著)を4月10日に発売しました。

 

眉村卓さんが妻なき今への率直な気持ちを綴った『文藝春秋』の記事を電子書籍化

作家の眉村卓さんは、1997年~2002年まで、がんで闘病中の夫人のために1日1本、400字詰め原稿用紙3枚以上の物語を書くことを日課としていました。

夫人が他界したとき、ショートショートは1778話に達していたといいます。眉村さんは、夫人ととともに歩んだ思い出を雑誌に発表、さらに書籍としてまとめて出版しました。

2004年に出版したその書籍が、先日テレビ番組で取り上げられたこともあり、話題となりました。夫人が亡くなって16年、眉村さんが妻なき今への率直な気持ちを綴ったのが『「妻に捧げた1778話」が私を救った』です。こちらは月刊誌『文藝春秋』4月号に掲載され話題となった記事を電子書籍化したものです。

 
【本文より抜粋】
「私は病気の妻に毎日、新しい物語を書いて渡しつづけました。

それは職業作家でもなかなか難しいことだと思いますが、私の場合は、苦痛でもなんでもなく、自分の楽しみ及び修業(?)としてショートショートを書いた、というのが本音です。」  

 

眉村卓さん プロフィール

著者の眉村卓(まゆむら・たく)さんは、1934年大阪生まれ。作家。

大阪大学経済学部卒業後、会社員をしながら60年にSF同人誌『宇宙塵』に参加。1961年『SFマガジン』第一回空想科学小説コンテストで佳作入選。1963年、処女長編『燃える傾斜』を刊行、1965年より専業作家となる。

著書に『なぞの転校生』、『ねらわれた学園』、『消滅の光輪』(泉鏡花文学賞・星雲賞受賞)、『時空(とき)の旅人』、『妻に捧げた1778話』などがある。

 

「文春e-Books」とは

「文春e-Books」は、電子発のオリジナルコンテンツです。

『週刊文春』『文藝春秋』の記事連載のまとめもの、ビジュアル系のオリジナルコンテンツなど、「紙では読めない本」をコンセプトに新しいコンテンツを提供しています。

 

「妻に捧げた1778話」が私を救った【文春e-Books】
作家・眉村卓氏は、1997年から2002年まで、がんで闘病中の夫人のために1日1本、400字詰め原稿用紙3枚以上の物語を書くことを日課としていた。
夫人が67歳で他界したとき、その物語は1778話に達していた。愛する人を喪って16年、稀代のストーリーテラーが、妻への思いと自らのいまを語る。
※「文藝春秋4月号」掲載記事を再編集した電子書籍オリジナル。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です