気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『広辞苑はなぜ生まれたか-新村出の生きた軌跡』没後50年の日に伝記を出版 三浦しをんさんも胸キュン

『広辞苑はなぜ生まれたか-新村出の生きた軌跡』没後50年の日に伝記を出版 三浦しをんさんも胸キュン

『広辞苑はなぜ生まれたか-新村出の生きた軌跡』没後50年の日に伝記を出版 三浦しをんさんも胸キュン

今年(2017年)8月17日で、『広辞苑』を編纂した新村出さんが亡くなって50年になります。これに合わせて、孫の新村恭さんが『広辞苑はなぜ生まれたか―新村出の生きた軌跡』(世界思想社)と題する初の伝記を刊行します。なお、実際の発売日は8月4日ですが、奥付発行日は2017年8月17日となっています。

 

『広辞苑』の誕生まで

明治から昭和にかけて日本語学者として活躍した新村出さんは、その実績や学風、人柄を買われ、辞書の編纂を持ちかけられました。これが、あの有名な『広辞苑』の前身『辞苑』のはじまりです。1935年に刊行されました。

すぐに改訂する予定でしたが、理想に燃える次男・新村猛さんの参画で編集作業は停滞、そのうちに戦争が始まり、在庫していた紙や活字銅販が爆撃で失われる事態に。戦後、旧版元の解体、借金の精算、岩波書店との交渉を経て、やっとできたのが『広辞苑』なのです。1955年でした。

 

編者・新村出さんってどんな人?

編者座右の『辞苑』と付箋が貼られた『広辞苑

編者座右の『辞苑』と付箋が貼られた『広辞苑

『広辞苑』は出さんの「人生の結晶」と宣言する著者の新村恭さんは、岩波書店の元編集者で、出さんの末孫(猛さんの次男)。日本語に取り憑かれた学者としての特徴に留まらず、数千通の書簡や日記を渉猟して、その人間的な魅力を存分に描いています。ラブレターが証言する豊子夫人との恋愛や、77歳にしてある映画女優にはまった話など、楽しいエピソードも満載。

作家の三浦しをんさんは、これを読んで、「偉大にしてチャーミング! 『広辞苑』編者・新村出先生の多岐にわたる業績だけでなく、恋愛や生活をも知ることができ、胸キュンしました。なんと魅力的なお人柄!」と本書を推薦しています。

『広辞苑』編者・新村出さん

『広辞苑』編者・新村出さん

 

『広辞苑はなぜ生まれたか-新村出の生きた軌跡』 目次

 
■1 新村出の生涯

萩の乱のなかで生を享ける――父は山口県令
親元離れて漢学修業――小学校は卒業してない
静岡は第一のふるさと
文学へのめざめ、そして言語学の高みへ――一高・東大時代
荒川豊子との恋愛、結婚
転機、欧州留学
水に合った京都大学――言語学講座、図書館長、南蛮吉利支丹
戦争のなかでの想念
京都での暮し――晩年・最晩年
新村出が京都にのこしたもの

 
■2 真説『広辞苑』物語

『辞苑』の刊行と改訂作業
岩波書店から『広辞苑』刊行へ
『広辞苑』刊行のあとに

 
■3 交友録

徳川慶喜の八女国子――初恋の人
高峰秀子
佐佐木信綱
川田 順
そのほかの人びと

 

『広辞苑』誕生の舞台裏を公開

この4月、新村出さんの未公開資料を所蔵する新村出記念財団「重山文庫」(京都市の旧邸宅)で、『広辞苑』の誕生にまつわる資料の展示スペースを新設し、公開を始めました。新村恭さんは財団の嘱託として勤務し、講師として解説する傍ら、この伝記も販売する予定です。

 

広辞苑はなぜ生まれたか―新村出の生きた軌跡
【三浦しをん氏推薦! 】
「偉大にしてチャーミング! 『広辞苑』編者・新村出先生の多岐にわたる業績だけでなく、恋愛や生活をも知ることができ、胸キュンしました。なんと魅力的なお人柄! 」

没後50年、初の伝記。厖大な資料から祖父の素顔に迫る。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です