気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『「タワマン」ブランドの崩壊』コロナ禍で「富と成功の象徴」に価格暴落の危機が迫る!?――タワーマンションのリスクを解き明かす!

小島拓さん著『「タワマン」ブランドの崩壊』

小島拓さん著『「タワマン」ブランドの崩壊』

小島拓さん著『「タワマン」ブランドの崩壊』が、小学館より刊行されました。

 

コロナ禍で急拡大した「タワマン暴落」の懸念

便利な立地に豪華な設備、何よりも高層階から見下ろす素晴らしい眺望! これまで「富と成功の象徴」として不動の人気を得てきたタワーマンションですが、コロナ禍により、そのステータスとブランド価値が揺らいでいます。ステイホーム期間中に、その弱点が明らかとなったからです。

 
コロナ対策として呼びかけられている、密閉・密集・密接の3密を避けることは、タワーマンションでは物理的に不可能です。

 
◎1棟内の戸数が多いため、住人も多く、人口密度が高い。
◎生活に不可欠のエレベーターは3密になりやすい。しかし、相乗り制限をすると、いつまでたっても乗ることができない……。
◎眺望のよい全面ガラスの窓は、はめ殺しになっていて開閉できない。

 
タワマンでは都心部や駅近くの便利な立地が優先されるため、間取りに余裕がありません。書斎など個人のスペースが確保しづらいため、テレワークに不向きなのです。

テレワークやオンライン会議で新しいライフスタイルが定着し始めた今、狭いけれど通勤に便利な住まいより、広くてゆったり過ごせる住環境が求められるようになってきました。

 

タワマンの価値はどこまで下落するのか?

このように、コロナ禍によってタワマンの不都合が浮き彫りになってきましたが、実は以前から多くのリスクがあったと著者は指摘します。

 
1.管理費・修繕積立金など、維持費が高い。
2.タワマン乱立で希少価値が下がり続けている。
3.所有者に投資家・資産家が多く、住民同士の合意がとりにくい。
4.台風被害があったように、災害に弱い。
5.税制改正で相続税対策としての購入メリットが減少。
6.気圧による健康被害がでる可能性がある。
7.自然から切り離されていて、子育てには不向き。

 
東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定してから、建築費の高騰が続いており、タワマンに限らず新築マンションの値段は、その資産価値に対して割高感がありました。

コロナショックで、日本経済は戦後最大の危機に直面していると言われる今、その影響が2022年頃まで長引くとすれば、不動産価値は最低でも1~2割は下落。状況によっては3~4割下落すると筆者は予測します。

先が見えないこの状況下、不動産のこれからを読み、売り時・買い時を見逃さない知識が必要なのです。

 

著者「不動産購入は、慎重すぎるくらいに考えて!」

本書のテーマは「今後、タワマンがどうなっていくか」ですが、これはタワマンに限った話ではありません。

戸建てや一般のマンションにお住まいの方にとっても、「自分の所有する不動産は購入価格と見合っているのか」「将来的に資産価値はどうなっていくのか」「住宅ローンは身の丈に合っているのか」を考えるきっかけになる一冊です。

 

著者プロフィール

著者の小島拓(こじま・たく)さんは、1983年、東京都生まれ、埼玉県出身。大学卒業後、不動産投資会社勤務を経て、2012年に独立し起業。悪意ある業者や無知な個人投資家によって不動産投資が不正のオンパレードになり業界全体のイメージが悪化していることに問題意識を感じ、著書やウェブによって舌鋒鋭い情報発信を行っている。

著書に『不動産会社が書けない「有名大家」の裏話』『融資地獄』(いずれも幻冬舎)。近年はタワーマンションオーナーの多くが物件購入後に後悔している現状を憂い、豊富な物件取引実績に基づいた知見から、購入していい物件の見分け方や賃貸経営のコツ、今後の市場推測を踏まえた売り抜けのノウハウを指南している。

 

「タワマン」ブランドの崩壊: 価格暴落とゴーストタウン化が始まる!
小島 拓 (著)

そのタワマンは今すぐ売りなさい!

以前からタワーマンションには多くのリスクがあることが指摘されていましたが、コロナショックを皮切りに、「富と成功の象徴」が「将来的なお荷物」になる可能性が次々に浮き彫りになっています。
本書ではタワーマンションの7つのリスクについて解説し、居住者・投資家の嘆きの声や、経済サイクルからの予想では2022年が現実的だと言われるタワーマンション暴落の可能性、そして今後、価格はどこまで落ちるのか? を、バブル崩壊、リーマンショックの例から予想。さらには、今後、不動産がどうなっていくのかを読み解きます。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です