気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『あっち側の彼女、こっち側の私』自分で自分のことを諦めないで。社会で生きていく、成長の記録

結生さん・小坂綾子さん著『あっち側の彼女、こっち側の私 性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて』

結生さん・小坂綾子さん著『あっち側の彼女、こっち側の私 性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて』

結生さん・小坂綾子さん著『あっち側の彼女、こっち側の私 性的虐待、非行、薬物、そして少年院をへて』が、朝日新聞出版より刊行されました。

 

「身勝手な社会の『レッテル』の中でもがく人へ」フォトジャーナリスト・安田菜津紀さん推薦!

「身勝手な社会の「レッテル」の中でもがく人へ。
この本はきっと、あなたの心の杖になる。」
――NPO法人Dialogue for People副代表・フォトジャーナリスト 安田菜津紀さん(『あっち側の彼女、こっち側の私』帯の推薦文より)

 
本書は、18歳の少女・結生さんと新聞記者だった小坂綾子さんが取材を通じて出会ったことから始まります。

結生さんは、家庭内暴力、性的虐待、非行、薬物、援助交際など過酷な少女時代を過ごし、最初の取材当時は少年院から出て1年ほどたった頃でした。

新聞紙面に記事が掲載されてから数日後、「なんかまた話したい、って思いました」という結生さんからのメールをきっかけに、2人は結生さんの人生を振り返る作業を始めます――。

 
実母からの暴力と、継父からの性的虐待を受けて児童養護施設で育った結生さん。万引き、援助交際、薬物に囲まれた中高時代の荒れた生活から少年院を経て、自分らしい生き方を模索するなかで抱え込んだ苦悩と葛藤を吐露。

重い過去を引きずりながらも前に進むことをやめない結生さんの姿を通じて、「人が育つこと」「生きること」を問い直したノンフィクションです。

 

本書の目次

18歳の風景 2015年春
家族ってなんだ? 2004年春
非行という名の自己表現 2009年春
矢印を、自分に向ける 2013年夏
人に頼ることは負けか 2014年春
AV女優になりたかった 2015年4月
他人の人生を生きていた 2015年11月
振り返りの作業、再び 2016年秋
対等な関係からの始まり 2017年2月
生きたい場所で生きているか 2017年春
生きてきた世界の外側へ 2017年6月
「あっち側」の彼女 2017年6月
失敗を許してくれる人 2018年2月
社会の一員たる自分を許せた日 2018年春
拝啓・あのころの自分 2018年秋

 

著者プロフィール

 
■結生(ゆうき)さん

1996年生まれ。生まれてすぐに実父のDVから乳児院に預けられ、児童養護施設で育つ。一時的に実母と継父と暮らすが虐待を受け再び施設へ。

度重なる非行から少年院に入り、出院後は服飾の専門学校に進学。その後、教育系、福祉系NPO勤務などを経て現在はアパレル会社で働く。

 
■小坂綾子(こさか・あやこ)さん

1974年、京都府生まれ。新聞社勤務を経て、2017年からフリーライターとして活動。

教育、文化、社会福祉などをテーマに取材し、新聞や雑誌、ウェブメディアで執筆する。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です