気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」』コロナ、インフル…これからの季節必見!粘膜=体のバリアがパワーアップする食べ方があった!

溝口徹さん著『ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」』

溝口徹さん著『ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」』

溝口徹さん著『ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」』が、青春出版社より刊行されました。

 

“ウィズコロナ時代”に知っておきたい!ウイルスを侵入させない「粘膜免疫力」を高める食べ方

今年猛威をふるった新型コロナに加え、これからの季節は風邪やインフルエンザにも注意しなければなりません。こういった感染症から体を守るしくみが「免疫」です。

 
「免疫」には、ウイルスを体内に侵入させないようにする防御機能と、侵入したウイルスを排除する攻撃機能があります。新型コロナの封じ込めにまだまだ時間がかかりそうな状況下では、ウイルスを侵入させない防御機能をより高める必要性があるのです。

この防御機能のある「免疫」とは、主に口や鼻、目といったウイルスが侵入しやすい部分で働いている「粘膜免疫力」のこと。そしてこの「粘膜免疫力」を高めるには、日頃の食事、正しい栄養の摂取が大きく関わってきます。

 
そこで本書では、最新栄養医学をもとにした治療法でさまざまな疾患の治療に取り組んできた溝口徹さんが、ウイルスを侵入させない「粘膜免疫力」を高める食事法を解説します。

「新しい生活様式」とともに、ウイルスを寄せ付けない栄養の知識や食べ方を学べる一冊です。

 

著者プロフィール

著者の溝口徹(みぞぐち・とおる)さんは、1964年神奈川県生まれ。福島県立医科大学卒業。横浜市立大学病院、国立循環器病センターを経て、1996年、痛みや内科系疾患を扱う辻堂クリニックを開設。2003年には日本初の栄養療法専門クリニックである新宿溝口クリニックを開設。

オーソモレキュラー(分子整合栄養医学)療法に基づくアプローチで、精神疾患のほか多くの疾患の治療にあたるとともに、患者や医師向けの講演会もおこなっている。

 

ウイルスに強くなる「粘膜免疫力」 (青春新書インテリジェンス)
溝口 徹 (著)

新型コロナウイルス、インフルエンザ、風邪…感染症を防ぐ決め手は「粘膜」にある!
単なる免疫力ではなく、「粘膜免疫力」を高めることによって、体のバリアを強化できるのだ。この「粘膜免疫力」は、私たちの日々の食事、つまり栄養と深く関係している。日本における最新栄養医学の第一人者である著者が、感染防止、そしてもし感染した際にも重症化、長期化させないヒントを解説する。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です