気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『よくわかる こころの病気に効く漢方薬』不眠・うつ・不安・認知症まで、こころの病気に効果を発揮する漢方薬が丸わかり

『よくわかる こころの病気に効く漢方薬』(著:根本幸夫さん・降籏隆二さん・青木浩義さん・根本安人さん

『よくわかる こころの病気に効く漢方薬』(著:根本幸夫さん・降籏隆二さん・青木浩義さん・根本安人さん

主婦の友社は、『よくわかる こころの病気に効く漢方薬』(著:根本幸夫さん・降籏隆二さん・青木浩義さん・根本安人さん)を刊行しました。

漢方薬は、うつ、引きこもり、夜尿症、発達障害、摂食障害、不安症、不眠症、認知症まで、こころの病気に効果を発揮します。本書は、漢方薬がなぜ効くのか、どのように効くかが手に取るようにわかる図解版です。

 

【漢方がこころの病気に効く】のはなぜだろう

漢方では病気の原因として、精神的な影響(内因)を重視しています。現代医学では病気の原因を細かいところまで診て突き止め、ねらいがぴたりと当たれば、見事に治すことができますが、心の関与した病気は、真の原因が体の病気のかげに隠れていることもあるため、ねらいを一つにしぼって治療することがむずかしいのです。

 
その点、「心身(しんしん)一如(いちじょ)」とする漢方は、心と体を切り離さず、一つものとして治療にあたるので、原因が複雑な病気に対しては効果を発揮するのです。精神科や心療内科などで診療を受け、なかなかよくならない患者さんが漢方治でよくなった例がたくさんみられます。

 

【イライラ】しているときに効果的な漢方薬

◆抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

学校などで落ち着きがない、緊張やイライラが強く、自律神経失調症がある、また怒りの感情の強い更年期障害、高血圧症、不眠の人などに用います。

 
◆加味逍遙散(かみしょうようさん)

のぼせ感があり赤ら顔、イライラがひどく、胸の動悸、気分がよく変わり、怒りの感情が強い人に用います。女性の更年期障害、月経前不快気分障害(PMS)に伴うイライラにはよく処方します。うつ症状でも、心の根底に怒りの感情を潜めている人にも用います。

 
◆柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)

便秘傾向があり、胸部から腹部にかけての圧迫感や肩、首、背中のこりが甚はなはだしく、胸の動悸を伴う、精神不安、不眠症、軽いのぼせなどに用います。

 

【不登校・引きこもり】に用いられる漢方薬

◆ 甘麦大棗湯(かんばくたいそうとう)

胃腸虚弱で、夜泣きや不安になりやすく、感情的な衝動が高まりやすいタイプによく用います。腹痛やイライラ感がおさまり、精神が安定してきます。

 
◆小建中湯(しょうけんちゅうとう)

子どもの不登校によく用いられます。体力が弱く朝起きられず、学校に遅刻するタイプにうってつけです。朝、腹痛を訴え、登校拒否するものに用います。また朝なかなか起きられず、イライラするものにも効果があります。そのほかストレス性の腹痛にも用います。

 
◆安中散(あんちゅうさん)

子どもが朝起こす登校前の腹痛によく効きます。特に胃部から下腹部にかけての腹痛に好適です。

 
◆抑肝散加陳皮半夏(よくかんさんかちんぴはんげ)

緊張が強く、イライラしやすく、怒りっぽく、頭痛を訴えるタイプの子どもによく用います。小児のひきつけ、チック症、貧乏ゆすり、学校などで落ち着かないなどの、緊張症の強いものに効果的です。

 

本書の構成

PART1 なるほど、そうか。ようやくわかった漢方薬の基本の「き」

PART2 不安・ストレス・こころの不調に効果を発揮する漢方薬
(イライラする・ストレスが続いている・不安で仕方がない・寝付けない、不眠に悩まされている・ストレスで胃が痛む・ストレス性の頭痛・肩こり・円形脱毛症・眼瞼痙攣・心因性頻尿・味覚障害・嗅覚障害・疲れやすいetc).

PART3 世代別・こころの病気に効く漢方薬
(夜尿症・夜泣き・夜驚症・疳の虫・小児喘息・発達障害・引きこもり、不登校・摂食障害・うつ病・双極性障害・不安症・強迫性障害・PTSD・適応障害・統合失調症・更年期障害・認知症etc).

 

著者プロフィール

■根本幸夫(ねもと・ゆきお)さん
薬学博士。横浜薬科大学特任教授。同大学漢方和漢薬調査研究センター長。総合漢方研究会会長。洗足音楽大学法学研究所講師。(社)日本漢方連盟理事長、漢方和漢薬調査研究審議会理事長。総合漢方研究会会長。漢方平和堂薬局店主

■降籏隆二(ふるはた・りゅうじ)さん
日本大学医学部精神医学系精神医学分野助教。医学博士。

■青木浩義(あおき・ひろよし)さん
医療法人社団竹山会青木医院院長。医学博士。

■根本安人(ねもと・やすんど)さん
精神保健指定医。日本精神神経学会専門医制指導医。医学博士。

 

よくわかる こころの病気に効く漢方薬 (こころのクスリBOOKS)
根本 幸夫 (著), 降籏 隆二 (著), 青木 浩義 (著), 根本 安人 (著)

うつ、引きこもり、夜尿症、発達障害、摂食障害、不安症、不眠症、認知症まで、こころの病気に効果を発揮する漢方薬が丸わかり。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です