気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『公式本 ウチ、“断捨離”しました!』驚きのビフォーアフターをまとめた、人気番組の公式本

『公式本 ウチ、“断捨離”しました!』(監修:やましたひでこさん/著者:BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」スタッフ)

『公式本 ウチ、“断捨離”しました!』(監修:やましたひでこさん/著者:BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」スタッフ)

大和書房は、『公式本 ウチ、“断捨離”しました!』(監修:やましたひでこさん/著:BS朝日「ウチ、“断捨離”しました!」スタッフ)を刊行しました。

 

BS朝日の人気番組『ウチ、“断捨離”しました!』を書籍化!

“断捨離”とは、やましたひでこさんが考案した「断つ・捨てる・離れる」の思考で自分とモノの関係を見つめ直し、身のまわりを片づける方法です。

BS朝日で放送中の『ウチ、“断捨離”しました!』は、モノに溢れた悩めるお宅にやましたさんが出向きアドバイス、家が変わっていく様子と依頼者の心の変化を追うドキュメンタリー番組です。

 
本書では、特に反響の大きかった11のお宅の断捨離の極意をビフォーアフターで分かりやすく紹介し一冊にまとめています。

以下に、その一部を紹介します。

2年間、時が止まったキッチン

2年間、時が止まったキッチン

依頼者はひとり暮らしですが、もともと5人で暮らし。その当時の荷物が家じゅうを占めていました。片づけに取り組むものの、量の多さに手が止まり、以来2年間、モノの谷間で生活。この状況を変えるべく断捨離開始。

やましたさんがまず目をつけたのは食器棚。山になったダンボールや箱をひとつひとつ開けていく。そしてモノに対峙し、決断していく。その繰り返しです。

 
■断捨離のここが大事!「ふさわしい量」で暮らすと気持ちいい。

キッチン、リビング、寝室、子ども部屋まで断捨離ビフォーアフターを一挙大公開します。

 

本書の構成

はじめに

序章 断捨離のキホン

第一章 キッチンの断捨離

第二章 リビングの断捨離

第三章 和室や寝室の断捨離

第四章 子ども部屋や書斎の断捨離

 

やましたひでこさん プロフィール

監修者のやましたひでこさんは、東京都出身。早稲田大学文学部卒業。一般財団法人 断捨離(R)代表。

学生時代に出逢ったヨガの行法哲学「断行・捨行・離行」に着想を得た「断捨離」を日常の「片付け」に落としこみ、誰もが実践可能な自己探訪のメソッドを構築。断捨離は、思考の新陳代謝をうながす発想の転換法でもある。

処女作『断捨離』に続く『新・生き方術 続・断捨離 俯瞰力』『新・ココロの片づけ術 自在力』(いずれもマガジンハウス)の三部作をはじめ、著作・監修含めた関連書籍は国内累計400万部を超えるミリオンセラーになる。『モノが減ると心は潤う 簡単「断捨離」生活』『モノが減ると家事も減る 家事の断捨離』『モノを減らして、愉快に生きる 定年後の断捨離』(いずれも大和書房)はロングセラーに。累計400万部突破、11か国語に翻訳。

 

BS朝日『ウチ、“断捨離”しました!』番組概要

不要なモノを減らし、生活に調和をもたらすことを目指す「断捨離(R)」を提唱するクラター・コンサルタントのやましたひでこさんが、片付けに悩む家族の元を訪れます。

年齢を重ねるにつれて増えていく、「思い出の品」や「捨てられないモノ」を片付けることで、自分が本当に望むものを見つめ直し、家族の問題を解決したいと整理整頓に挑む様子を密着ドキュメント。

★公式Twitter(@BSA_danshari):https://twitter.com/bsa_danshari
★公式HP:https://www.bs-asahi.co.jp/danshari/

 

公式本 ウチ、“断捨離”しました!
BS朝日「ウチ、”断捨離”しました! 」スタッフ (著), やましたひでこ (監修)

BS朝日で大人気!
やましたひでこさんの断捨離ドキュメント番組「ウチ、”断捨離”しました!」が本になりました!
片づけられない。捨てられない。家がモノであふれている……!

数多くの家庭で「断捨離」を成功させてきた やましたひでこさんが悩めるお宅の力になります。

この本はBS朝日「ウチ、”断捨離”しました!」で放送した中から11のお宅の「空間」にフォーカスした断捨離レポート。
「こんなに変わる!」がひと目でわかる!

共感の声、続々!「わたしにもできそう!」
断捨離の底力を、とくとご覧ください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です