気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『50代からやりたいこと、やめたこと』女の人生、オバサンになってからが長い!

金子由紀子さん著『50代からやりたいこと、やめたこと』

金子由紀子さん著『50代からやりたいこと、やめたこと』

金子由紀子さん著『50代からやりたいこと、やめたこと』が、青春出版社より刊行されました。

 

女の人生、オバサンになってからが長い!50代からの変化を楽しめるようになる生き方・考え方

50代は人生の折り返し地点。仕事があってもなくても子どもがいてもいなくても、多くの女性にとってライフスタイルの変化を実感させられる時期でもあります。

 
最もよく聞くのが、50代で現れる「心のぽっかり」(空の巣症候群)。特に子どもが自立した場合、「ぽっかり」は大きいといいます。

この「ぽっかり」は仕事でも埋めることはできず、さらに更年期の症状も…となると悩みは募るばかりです。

 
環境、身体の変化が一気に訪れるこの時期に心が不安定になるのは当然のことです。大切なのは、この“変動期”をどう受け入れ、楽しめるようにシフトできるかということ。

では、実際に50代を迎えたら、どんなことに力を入れ、暮らしをどう整理していくとよいのでしょうか。

 
本書では、そんな悩める50代女性に向けて【「ぽっかり」の満たし方】【食】【暮らし・ファッション】【人付き合い】を心地よくするヒントを紹介。

“シンプルライフの達人”として多くの女性から共感を呼ぶ著者のエピソードや言葉の数々が、不安な心にやさしく寄り添い、“これからの人生”について道標になってくれる一冊です。

 

金子由紀子さん プロフィール

著者の金子由紀子(かねこ・ゆきこ)さんは、1965年生まれ。「シンプルで質の高い暮らし」を軸に、幅広い分野で執筆を行っている。継続性を重視したリアルな暮らしの知恵が、共感を呼んでいる。

『お部屋も心もすっきりする 持たない暮らし』(アスペクト)、『片づけのコツ』(大和書房)、『暮らしが変わる40の習慣』(二見書房)、『40歳からのシンプルな暮らし』(祥伝社)、『ためない習慣』『ちょうどいい暮らし』(青春出版社)等、著書多数。

 

50代からやりたいこと、やめたこと
金子 由紀子 (著)

女の人生、オバサンになってからが長い!
多くの女性は50代にさしかかる頃、子育てがひと段落してライフスタイルに変化が訪れたり、更年期障害に悩まされたりして、人生の折り返し地点が過ぎたことを実感します。
この頃、心に「ぽっかり」と穴が空いたように感じる人も少なくありません。
いまや “人生100年時代” などと言われるようになりましたが、50代以降を快適に過ごすためには、何に力を入れて、暮らしをどう整理していくとよいのでしょうか? “シンプルライフの達人” が同世代前後の女性に向けて、心と暮らしをすっきりさせ、毎日を明るくワクワクした気持ちで過ごすためのヒントを紹介します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です