気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『タニタの働き方革命』ツイッターの「中の人」衝撃告白「私、タニタを退職しました」

谷田千里さん&株式会社タニタ編著『タニタの働き方革命』

谷田千里さん&株式会社タニタ編著『タニタの働き方革命』

谷田千里さん&株式会社タニタ編著『タニタの働き方革命』が、日本経済新聞出版社より刊行されました。

 

“あのタニタ”の新チャレンジ!

本書は、タニタオリジナルの働き方改革=「日本活性化プロジェクト」について紹介したものです。

「正社員とフリーランスのいいとこ取り」ができる制度で、希望社員を契約ベースに転換することで、自由な働き方を実現し、報酬面でもメリットが生まれる、というものです。

実際に手を挙げた社員や、反対した管理職の声を多数収録。独自の「健康経営」に挑む同社の取り組みを生々しく描きます。

 
公式ツイッターアカウントを運営する、通称「中の人」もプロジェクトメンバーの1人。本書発売に先駆けてのツイート「私、タニタを退職しました」からのフリーランス宣言は、多くのフォロワーを驚かせ、RT4500超、7000を超える「いいね」と、たくさんの支持を得ました。反響の大きさから、発売前に重版も決定しました。

副業やフリーランスなど自由な働き方に関心のあるビジネスパーソンから、これからの「働かせ方」をデザインする経営者や人事部まで、多くの人々の参考となる一冊です。

 

本書の構成

プロローグ タニタが「日本活性化」と言い出すワケ

第1部 「日本活性化プロジェクト」誕生への道のり

第1章 それは不安から始まった

第2章 谷田社長と始めたチャレンジ――松岡成臣氏は語る

第3章 制度設計開始

第4章 嵐のスタート

第5章 本格始動 次のステージへ

第2部 働き方、意識はこう変わった――「日本活性化プロジェクト」現場からの生報告

第1章 「日本活性化プロジェクト」メンバーインタビュー

第2章 戸惑いと疑心暗鬼を乗り越えて――上司たちによる誌上座談会

エピローグ 日本のビジネスパーソンを元気にしたい!

 

編著者プロフィール

■谷田千里(たにだ・せんり)さん

1972年大阪府吹田市生まれ。1997年佐賀大学理工学部卒業。株式会社タニタ 代表取締役社長。

船井総合研究所などを経て2001年タニタ入社。2005年タニタアメリカ取締役。2008年5月から現職。レシピ本のヒットで話題となった社員食堂のメニューを提供する「タニタ食堂」や、企業や自治体の健康づくりを支援する「タニタ健康プログラム」などの事業を展開し、タニタを「健康をはかる」だけでなく「健康をつくる」健康総合企業へと変貌させた。

 
■株式会社タニタ

体組成計や活動量計などの健康計測機器の製造・販売、「タニタ食堂」をはじめとする健康サービスを提供する健康総合企業。

1959年に家庭用体重計の製造を開始して以来、乗るだけで計測できる体脂肪計、筋肉の状態「筋質」を評価できる体組成計など、世界初の商品を次々と開発し、市場をリードしてきた。近年では、機器に加えさまざまな「健康をつくる」サービスを展開し、その事業領域を広げている。

 

タニタの働き方革命
谷田 千里 (編集), 株式会社タニタ (編集)

「社長はいったい、何を言い出すんだ?!」――タニタ食堂に続く、驚きのチャレンジ!
「会社員」と「フリーランス」のいいとこ取り。この画期的な新制度導入をめぐる試行錯誤を描いた迫真のノンフィクション

自由に働く。やりたいことをやりぬく。それこそが、本当の「健康経営」だ!

希望社員を雇用から契約ベースに転換することで、主体性を発揮できるようにしながら、本人の努力に報酬面でも報いる社内制度。経営者感覚を持って、自らの仕事内容や働き方をデザインでき、働く人がやりがいを持って心身ともに健やかに働ける「健康経営」の新手法。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です