気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか』だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ

遠山功さん著『コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ』

遠山功さん著『コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ』

ビッグデータ活用でクライアントの経営革新を手がけるINSIGHT LAB株式会社の代表取締役・遠山功さん著『コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ』が、ダイヤモンド社より刊行されました。

 

ビッグデータ分析の課題から活用ノウハウまで実例をもとに紹介

本書のタイトルは、大手アパレル企業に対して、ビッグデータ分析×AIによる「感性分析AI」の開発を通して、商品作りを根本的に変えてしまった成功例から取られています。

 
このように昨今では、ビッグデータを分析するための機械学習やAIの技術開発が進み、データ分析から多くの革新が生まれてきました。

しかし、多くの企業ではデータ活用に悪戦苦闘しているのが現状です。
これは、データや分析技術だけが問題なわけではなく、企業組織や発想力など本来の分析とは全く違うところに「小さな問題」が山積みになっているからです。

 
本書では、ビジネス現場で経営革新を実現してきたデータストラテジストである著者が豊富な事例をもとに、データ活用の発想法やシステム構築、分析パターンにいたるまで、ビッグデータ分析のノウハウを隈なく紹介していきます。

 

本書の目次

《はじめに》現実の社会とデジタルを橋渡しする

《第1章》ビッグデータをどうやって料理するのか

《第2章》分析は設計ですべてが決まる

《第3章》分析の基本10パターンはこう使う

《第4章》私たちはこうやってデータ分析で企業の問題を解決してきた

《第5章》データストラテジストの時代がやってくる

《あとがき》これからもビッグデータを料理し、社会を豊かにしていく手伝いをしたい

 

遠山功さん プロフィール

著者の遠山功(とおやま・いさお)さんは、1977年生まれ。東京都出身。INSIGHT LAB株式会社・代表取締役CEO。

小学生の頃からプログラミングを学び、2000年の東京電機大学卒業までには多数のプログラミング言語を習得。システム開発会社、データベースマーケティング支援会社を経て、2005年有限会社アイウェイズ(アイウェイズコンサルティングを経て現INSIGHT LAB株式会社)を設立。現在、同社代表取締役CEO。

ビジネスアナリティクス業界に15年以上従事し豊富な経験を有する。PMP(米国プロジェクトマネジメント協会認定)、ITコーディネータ(経済産業省推進資格)、数学教員免許、ITILなどの資格を持つ。社会貢献としてキッズプログラミングスクール、障がい者向けの就労支援施設を設立、2013年より東京電機大学非常勤講師を務める。

 
■INSIGHT LAB株式会社について
INSIGHT LAB株式会社は、データをサイエンスする、クライアントのデータの利活用をベースとしたBA、BI、データインフラ、データ統合等関連するデータマネージメント領域のITコンサルティング、データ分析構築などを主要業務とするコンサルティングから開発・導入・運用までを提供する。
その他、データアナリティクスの新サービスの企画・開発・展開を行い、戦略的ビジネス展開を目指したAI事業に特化したビジネスを展開する。

 

コンピュータにかわいいを学習させたら何が起きたか だれも教えてくれなかったビッグデータ分析のノウハウ
著者はデータ分析、システム開発の企業を立ち上げたIT企業代表取締役CEO。
一貫してビッグデータの分析を手がけてきた経験から、ビッグデータをビジネスに活用する際には、数多くの障壁、トラブルがあることを知り抜いている。
それはコンピュータや通信、解析の技術だけではなく、企業内のシステム管理者の古い考え方や、事業担当者のマーケティング知識の不足、さまざまな既得権者からの抵抗など、本来の分析とはまったく違うところにも問題が山積している。

世界的なIT企業でなく、一般企業の事業部レベルでのビッグデータによる業務改善が進まない理由は、こうした人間くさい問題が認識すらされず、データの分析や利用にまでたどり着けないところにもある。
ビッグデータやAIの利用がもっと広がることで、多くの企業の経営変革、ビジネス現場の利益改善や市場開拓が可能になる。
その発想法、システム構築の進め方、運用などを、エキスパートとしての経験から実例を豊富に紹介しながら指し示す。
タイトルにある「かわいい」は、大手アパレル企業に対して、ビッグデータ分析やAIを活用した感性分析のシステム構築して、商品作りを根本的に変えてしまった紹介例から取っている。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です