気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『メタル脳』脳科学者・中野信子さん「モーツァルトよりメタリカを聴け!」

中野信子さん著『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』

中野信子さん著『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』

中野信子さん著『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』が、KADOKAWAより刊行されました。

 

脳&ヘヴィメタルの新解釈! 「モーツァルトよりメタリカを聴け!」

サイコパスからいじめ、不倫まで、人間社会のさまざまな事象を読み解いてきた脳科学者・中野信子さんが次に選んだ驚きのテーマ。それはヘヴィメタルです。

 
重く激しいサウンドとダークな世界観で熱狂的なファンを生む一方、その音楽性やスタイルゆえに世間から疎まれがちなヘヴィメタル。しかし様々な研究によって、このサウンドが持つ“効能”やファンの特性が明らかになった結果、世界中の科学者からポジティブな評価を得るに至っています。

 
「ヘヴィメタル」

その特徴を端的に表すと「天才が好み、天才を育む音楽」であるということ。“良識的”な人々が眉をひそめるヘヴィメタルには、認知機能や知的好奇心、ストレス耐性の向上など、知育に欠かせない数々の効果が認められるのです。

自らも幼少の頃からヘヴィメタルに親しんできた中野さんが、これらのユニークな先行研究を紹介するとともに、自身の経験も織り交ぜつつ「天才のための音楽」のメカニズムを解説します。

 
脳科学・心理学的な縦横無尽のアプローチを重ねた末、中野さんの考察はヘヴィメタルが果たすであろう社会的役割にも到達します。

世の欺瞞や偽善を鋭く訴える一方、怒りや絶望といったネガティブな感情を緩和させ、正義の感覚を醸成させるこの音楽は、現代社会における自立した個人のあり方を促すのではないか。それは、単なる「反骨」とも「反社会」とも異なる「非社会」というスタンスです。

 
各国でポピュリズムが台頭し、民主主義の行く末も危ぶまれている昨今、閉塞した世界を変える「強い個」を生み出すのがヘヴィメタルやヘヴィメタル的スタンスなのかもしれません。予言にも似た中野さんの指摘は、既成概念を打ち崩す驚きを与えてくれることでしょう。

 
<脳&ヘヴィメタルの新解釈 本書『メタル脳』のポイント>

幸せホルモン「オキシトシン」の影響から読み解く、脳とメタルの幸福な関係
  ↓
脳に効く劇薬(メタル)が子供を守り、天才を育てる

◎ヘヴィメタルは孤独や不安を癒やし、自己評価を下げない
◎ヘヴィメタルはストレス耐性を上げ攻撃性を和らげる
◎ヘヴィメタルは世の中の欺瞞を見抜く強い「個」を育む
◎ヘヴィメタルは世間に流されない“非社会性”が身につく
……などなど。

 

中野信子さん プロフィール

中野信子(なかの・のぶこ)さんは、1975年生まれ。東京大学工学部応用化学科卒業、同大学院医学系研究科脳神経医学専攻博士課程修了。脳科学者、医学博士、認知科学者。東日本国際大学特任教授。

2008年から2010年までフランス国立研究所ニューロスピン(高磁場MRI研究センター)に勤務。脳科学、認知科学の最先端の研究業績を一般向けにわかりやすく紹介することで定評がある。コメンテーターとしてテレビ番組に出演する傍ら、ベストセラーも多数。

近著に、『サイコパス』(文藝春秋)、『あの人の心を見抜く脳科学の言葉』(セブン&アイ出版)、『ヒトは「いじめ」をやめられない』(小学館)、『不倫』(文藝春秋)などがある

★オフィシャルブログ:https://ameblo.jp/nobukonakano/

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です