気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『領土消失 規制なき外国人の土地買収』領土を守らない国に未来はあるのか?

宮本雅史さん・平野秀樹さん著『領土消失 規制なき外国人の土地買収』

宮本雅史さん・平野秀樹さん著『領土消失 規制なき外国人の土地買収』

宮本雅史さん・平野秀樹さん著『領土消失 規制なき外国人の土地買収』(角川新書)が、KADOKAWAより刊行されました。

 

『爆買いされる日本の領土』のその後、最新レポート

世界では、外国人による土地取得に規制がかけられています。国境や基地周辺、水源地などです。一方、日本は規制がありません。

本書では、買収が進む地を取材する記者と、各国の制度を調査する研究者が、日本の土地政策の危うさを訴えます。

 

本書の目次

第1部 止まらない国土の買収 宮本雅史

序章
逆さ地図で見た日本列島
海外からの土地買収の実態
李鵬首相の予言

第一章 国策 vs 国策
米軍も重要視した奄美の軍港
国交省の大型クルーズ船誘致計画
人口の200倍の中国人観光客
ターゲットは加計呂麻島か?
防衛省と国交省、正反対の方向性
瀬戸内町民の不安が現実に
 
第二章 李克強はなぜ北海道へ?
非耕作状態が続く農地
開発が進む過疎の村
洞爺湖の周辺では何を?
狙われる農地
新得町の画期的な取り組み
中国系学校法人に大学を無償譲渡
苫小牧と釧路が拠点

第三章 変貌を遂げる対馬--背後に中国の影
コリアンタウン?
日本人が行かない島
10年前から不安が現実に
歯止めがきかない高齢化と過疎化
対馬は韓国のもの
中国の影

第2部 領土保護、戦いの10年史 平野秀樹

序章 はじまりは2008年
東シナ海の孤島
国境を感じた日
列島を縦断した中国人一行

第一章 そして誰もいなくなった
世界標準からほど遠い日本ルール
突然の張り込み中止
神経過敏になる必要はありません(世論戦1)
買収目的は健全です(世論戦2)
フェイクを交えて喧伝(世論戦3)
論調変化(世論戦4)
諦め(世論戦5)
触らぬ神に祟りなし
大戦後オールフリーに
陥落する各界
やっぱり経済がいちばん
 
第二章 無抵抗のまま消滅する国
国土買収10万ヘクタール
スティルス戦略でほくそ笑む者
ガバナンス力の低下
一路一帯の受け止め方
世界の領土保全ルール
  英独/フランス/豪州/ニュージーランド/アメリカ/韓国
なぜこの国は無策を続けるのか
憲法が箍となり、脅威を呼び込んでいる
永田町不発10年史
理念法で終息か
狭まる領土
無策日本の末路

 

著者プロフィール

■宮本雅史(みやもと・まさふみ)さん

1953年生まれ。和歌山県出身。産経新聞社編集委員。慶應義塾大学法学部卒業後、産経新聞社入社。1993年、ゼネコン汚職事件のスクープで新聞協会賞を受賞。

著書に『爆買いされる日本の領土』(角川新書)、『「特攻」と遺族の戦後』『海の特攻「回天」』(共に角川ソフィア文庫)、『電池が切れるまで』(角川つばさ文庫)など。「本部御殿手真武館宮本塾」を主宰。

 
■平野秀樹(ひらの・ひでき)さん

1954年生まれ。兵庫県出身。青森大学薬学部教授、国土資源総研所長。九州大学卒業後、農水省入省。農水省中部森林管理局長、東京財団上席研究員を経て現職。博士(農学)。専門は辺境社会学。

著書に『日本、買います』(新潮社)、『奪われる日本の森』(共著、新潮文庫)、『森林医学』(共編著、朝倉書店)など。

 

領土消失 規制なき外国人の土地買収 (角川新書)

 
■既刊
爆買いされる日本の領土 (角川新書)
北海道が中国の32番目の省に? 合法的に進む土地買収、経済侵攻も野放し

日本は外国人の土地取得に規制がない、世界でも稀有な国だ。対馬の韓国人による買い占めを追っていた著者は、北海道でも中国人による買収が進んでいると聞き、すぐさま現地へ向かう。風光明媚な名所や水源地、安全保障上重要な港…大規模な土地取得が進んでいた。一方で、過疎に苦しむ地域の人々の「買ってくれるなら」という声は重い。知られざる現状をレポートする。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です