気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』動物がスポーツをしたらどうなる?をテーマにした「スポーツ×動物行動学エンタメBOOK」

新宅広二さん著『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』

新宅広二さん著『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』

スポーツを通して動物の生態を楽しく解説する、新宅広二さん著『すごいぜ!! 動物スポーツ選手権』が、辰巳出版より刊行されました。

 

チーターは最速なのに、スタミナがなさすぎる!? ありそうでなかった スポーツ×動物行動学!

今、大注目の“動物たちの生態解説本”。
本書は、国内外のネイチャー・ドキュメンタリー映画や科学番組などを多く手がける、動物行動学者・新宅広二さんが「もしも動物たちがスポーツをするとしたら……?」という設定のもと、陸上、水泳などさまざまなスポーツに動物を選定。

動物の習性や生態にもとづいて
「動物はどんな力を発揮するのか?」
「どんな試合展開になるか?」を、
イラストとマンガを交えて、ときに専門的に、ときに楽しく解説します。

 

動物たちの意外な生態、スゴい生態がわかる!

スポーツを通して見えてくるのは、動物たちの意外な生態。

「チーターは最速なのに、スタミナがなさすぎる」
「イノシシは2mの垂直跳びをする」
「ミジンコの泳ぎは時速43km」
「カブトムシは自分の20倍の重さのものを持ちあげる」etc…

つい誰かに教えたくなる情報が満載です!

 

新宅広二さん プロフィール

著者の新宅広二(しんたく・こうじ)さんは、動物行動学と教育工学を専門とする。

大学院修了後、上野動物園、多摩動物公園に勤務。
その後、国内外のフィールドワークを含め400種類以上の野生動物の生態や飼育方法を修得。
狩猟免許も持つ。大学では20年以上教鞭をとる。

監修業では国内外のネイチャー・ドキュメンタリー映画や科学番組など300作品以上を手がけるほか、動物園・水族館・博物館のプロデュースも行っている。

『すごい動物学』『しくじり動物大集合』(すべて永岡書店)ほか著書多数。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です