気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『発想力を鍛える33の思考実験』発想を広げてあなただけの答えを出す力が身につく!

北村良子さん著『発想力を鍛える33の思考実験』

北村良子さん著『発想力を鍛える33の思考実験』

パズル・クイズ制作専門会社の有限会社イーソフィアは、同社の代表取締役・北村良子さんによる、発想を飛ばしながら考える確かな力を、楽しみながら身につける著書『発想力を鍛える33の思考実験』を彩図社より刊行しました。

 

13万部ベストセラー『論理的思考力を鍛える33の思考実験』に続く第2弾が登場!

13万部突破のベストセラーとなった前作『論理的思考力を鍛える33の思考実験』」は「論理的思考力」に軸を置いていましたが、今作『発想力を鍛える33の思考実験』では、「発想力」に軸が置かれています。

様々な思考実験を元にしながら、時には色々な映画やアニメの中にある「心の揺さぶり」や、「矛盾点」、「疑問点」を考える構成になっています。

 

思考実験とは

<本書「はじめに」より>

「思考実験とは、言葉の通り「思考」で行う「実験」です。頭の中で思考を進めたり、時にはメモを取ったり、自由な方法で実験を進めていきます。特別な機材は必要ありません。ただ1つ必須なのは自分自身の脳であり、考えるという行動だけです。

時には人の命を扱い、時に天文学的な数字や規模を扱い、さらには時間を遡ったり、別の世界に移動したりと、思考実験は思考さえ追いつけばどんな実験でもできますから、非常に高い自由度を持っています。

たとえば、本書でも紹介されている「水槽の中の脳」は、この世界が仮想現実なのかどうかを考えます。そして、この思考実験を「この世界観を映画にしたら?」と進めた結果、映画『マトリックス』が誕生したのです。思考実験が思考の幅を広げた1つの例でしょう。」

 

発想力を鍛える33の思考実験(収録内容)

本書には、下記の思考実験が収録されています。

 
第1章 心のありかを問う思考実験

【思考実験No.01】スワンプマン (すべてそっくりなら“同一人物”か?)

【思考実験No.02】転送装置・1 (こんな遠くへ転送する装置を使いたい?)

【思考実験No.03】転送装置・2 (クローンとオリジナル)

【思考実験No.04】転送装置・3 (転送が済んだ体は臓器提供に使ってもいい?)

【思考実験No.05】人間分裂 (1人の人間が2人に分裂。どちらが本物?)

【思考実験No.06】中国語の部屋 (この部屋は中国語を理解しているか)

【思考実験No.07】機械と心 (機械は心を持っている?)

【思考実験No.08】哲学的ゾンビ (主観的体験を持たない存在とは?)

 
第2章 数字と直感が背反する思考実験

【思考実験No.09】曽呂利新左衛門とお米の話 (お米1粒、2粒、4粒…)

【思考実験No.10】サンクトペテルブルクのパラドックス (賞金の期待値は無限?)

【思考実験No.11】ジャガイモのパラドックス (水分量が1%減ったら全体の重さは何kg?)

【思考実験No.12】最後通牒ゲーム (1万円の分配。Aさんが決める。Bさんはどうする?)

【思考実験No.13】ニューカムのパラドックス (未来予知ができる機械を欺ける?)

【思考実験No.14】誕生日のパラドックス (30人中2人以上が同じ誕生日である確率は?)

【思考実験No.15】ヘンペルのカラス (「すべてのカラスは黒い」の証明)

【思考実験No.16】ガリレオの思考実験 (重いものほど早く落下する?)

 
第3章 価値判断の基準を問う思考実験

【思考実験No.17】芸術の価値・1~本物と偽物~ (高名な画家の作品ではなかったとわかったら)

【思考実験No.18】芸術の価値・2~日記と真実~ (ただの失敗による副産物だったら?)

【思考実験No.19】芸術の価値・3~巨匠のお墨付き~ (権威を持つ人物の高評価で変わる?)

【思考実験No.20】働く意味と生きる意味 (働かなくてもいいが、寿命が減るなら?)

【思考実験No.21】洞窟の比喩 (私たちが見ている世界は真実?)

【思考実験No.22】職業と人間の価値 (生き延びるべきはどの職業?)

【思考実験No.23】時限爆弾と拷問 (爆弾の場所を知るために犯人の娘を拷問する?)

【思考実験No.24】無意味な労働 (無意味な仕事と知りたいか?)

【思考実験No.25】ビュリダンのロバ (餌を前にどちらも選べず餓死。なぜ?)

【思考実験No.26】ケインズの美人投票 (どんな人に投票すべきか)

 
第4章 現実の常識を疑う思考実験

【思考実験No.27】水槽の中の脳 (この世界は仮想現実かもしれない)

【思考実験No.28】世界5分前誕生仮説 (世界は今から5分前に作られたかもしれない)

【思考実験No.29】人生予定説 (人生はすでに決められているかもしれない)

【思考実験No.30】読めない歴史書 (誰も読めなくても言語なのか?)

【思考実験No.31】無知のヴェール (自分について忘れた状態で政治をしたら?)

【思考実験No.32】便器のクモ (便器の中にいるクモはかわいそう?)

【思考実験No.33】幸福の街オメラス (1人の犠牲で大勢の幸福を得てもいいか?)

 

北村良子さん プロフィール

北村良子さんは、1978年生まれ。有限会社イーソフィア代表。パズル作家としてWEBで展開するイベントや、企業のキャンペーン、書籍や雑誌等に向けたパズルを作成している。

著書は『論理的思考力を鍛える33の思考実験』(彩図社)、『パズル作家が明かす脳にいいパズルはどっち?』(コスモ21)、『おうちで楽しく! でんしゃの学習ブック 7さいまでのひらがな・カタカナ・数字の練習』(メイツ出版)など。

 

発想力を鍛える 33の思考実験
前作『論理的思考力を鍛える33の思考実験』は、おかげさまで好評をいただき、ベストセラーとなりました。
本作はその続編です。前作同様、有名な思考実験を中心に構成しました。
前作のテーマである「論理的思考力」は、考えをタテに積み上げながら考え抜く力です。
一方の今作のテーマは、論理的思考力と合わせて持っておきたい「発想力」を意識して構成されています。
発想力は、考えをヨコに広げ、新たな思考を呼び起こす考え方です。
ぜひ、本書では「知識」を材料として、「どう使うか」、「どう答えを出すか」という「考え抜く力」を意識して読み進めてみてください。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です