気になる本、おススメの本を紹介

B O O K P O O H

『暮らしが変わる仕事』”好き”を仕事にした女性に聞く、気持ちよく生きる秘訣に迫るインタビュー集

田中のり子さん著『暮らしが変わる仕事 つくる人を訪ねて』

田中のり子さん著『暮らしが変わる仕事 つくる人を訪ねて』

田中のり子さん著『暮らしが変わる仕事 つくる人を訪ねて』が、誠文堂新光社より刊行されました。

 

好きな仕事の見つけ方と暮らしの習慣

本書は、生き方に迷う30~40代女性に向けて、”衣食住にまつわる「つくる人」”として、好きなことを仕事にした女性たちの中から、その過程と仕事内容、日々心がけていることを尋ねるインタビュー集です。

暮らしまわりの雑誌や書籍を数多く手がける編集者の田中のり子さんが、人生の転機にいかに天職とも言える仕事を見極め、実現させたのか、それを続けていく秘訣、気持ちよく暮らしていくための習慣などを尋ねています。

読者が暮らしの中で実践できるようなことも、数多く紹介。

登場する女性たちが生み出す作品も、暮らしを豊かにするものばかり。
写真家の有賀傑さんがそれらを撮影した写真も多数掲載し、作品の魅力も感じられる一冊です。

※本書は、主婦と生活社のウェブサイト「暮らしとおしゃれの編集室」内で掲載された連載「つくる人を訪ねて」の記事をベースに、追加取材と大幅な加筆を行ったものです。

写真/有賀 傑

写真/有賀 傑

 

本書の目次(抜粋)

大久保真紀子、三浦有紀子(パン職人)

華順(革作家)

藤原奈緒(料理家)

岡本典子(花生師)

上杉浩子(織作家)

星芽生(ジュエリーデザイナー)

磯部祥子(布作家)

千葉奈津絵(菓子職人)

苣木紀子(帽子デザイナー)

芦川直子(コーヒー焙煎人)

 

田中のり子さん プロフィール

著者の田中のり子(たなか・のりこ)さんは、出版社にて雑誌編集、書籍編集を経て、独立。衣食住をテーマに、暮らしまわりの編集・執筆を行う。

編集・取材を行った書籍に、ワタナベマキさん著『いりこで毎日おかず』『毎日、こまめに、少しずつ』、白崎裕子さん著『白崎裕子の必要最小限レシピ』、福田里香さん著『いちじく好きのためのレシピ』、引田かおり・ターセンさん著『二人のおうち』、渡部まなみさん著『アトリエタタンのチーズケーキ』、磯谷仁美さん著『歩粉のポートランド&バークレー案内』など多数。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です