本のページ

SINCE 1991

TSUTAYA運営のCCCが、徳間書店を子会社化へ

CD・DVDレンタルや書籍販売などの「TSUTAYA」を展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が子会社のカルチュア・エンタテインメントを通じて、中堅出版社の徳間書店を買収すると、メディア各社が報道してます。

それに対し、CCCは「一部報道機関において、CCCグループのカルチュア・エンタテインメント株式会社が出版社の株式を取得し子会社化するという報道がなされておりますが、当社が発表したものではございません」とコメントを発表。
否定はしていないですね。「今後、開示すべき事実が決定した場合は、お知らせいたします」とも言っていますし。

 
NHKの報道によると、「TSUTAYAを展開するカルチュア・コンビニエンス・クラブは、子会社のカルチュア・エンタテインメントを通じて、『徳間書店』の議決権のある株式のおよそ96%を取得する方針を固め」ており、「すでに子会社を通じて徳間書店の議決権のある株式のおよそ15%を持っていて、さらに保有する株式を議決権付きに転換するなどして、今月中にも徳間書店を傘下に入れることに」したとのことです。

 
徳間書店は、宮崎駿監督の作品で知られる「スタジオジブリ」を設立したことで知られており、2005年にジブリが分離・独立した後も関連書籍などを発行しています。
また、アニメ専門誌『アニメージュ』、男性向け週刊誌『週刊アサヒ芸能』などの雑誌や一般書籍、さらには映画や音楽のソフトの企画、製作なども手掛けています。

 
なお、CCCは近年、出版事業を強化しており、2014年に阪急コミュニケーションズから『ニューズウィーク日本版』の譲渡を受け、2015年に月刊誌『美術手帖』などで知られるなど美術・芸術関連の出版社「美術出版社」が民事再生を申請した際には、やはりカルチュア・エンタテインメントを通してスポンサーとなっています。

 
【関連】
TSUTAYA展開の会社 徳間書店を傘下に入れる方針固める | NHKニュース

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です