本のページ

SINCE 1991

【訃報】絵本作家のエイミー・クラウス・ローゼンタールさんが死去 コラム「私の夫と結婚しませんか」を寄稿

アメリカの絵本作家・エイミー・クラウス・ローゼンタールさんが13日にシカゴで死去しました。51歳。

エイミー・クラウス・ローゼンタールさんは、マサチューセッツ州のタフツ大学とパリのソルボンヌ大学を卒業。絵本だけでなく、大人向けの本や短編映画も制作しています。

スプーンくん』『アヒルだってば!ウサギでしょ!』『まめぼうやのリトル・ピー』などの著書があります。

 
ローゼンタールさんは2015年に卵巣がんと診断され、闘病中でした。3月上旬のニューヨーク・タイムズ紙に、間もなく妻を亡くす夫のために、結婚相手募集のコラムを寄稿したことで話題になりました。

「私の夫と結婚しませんか」というコラムで、卵巣がんで余命わずかと診断されたことを打ち明け、「自分の死後、残される夫のジェイソンさんには新しい人と出会ってほしい」「彼は恋に落ちやすい男性です。私の時も1日でそうなりました」(CNN.co.jpより)と綴っています。

また、友人で長年にわたって著作権管理を担当してきたエイミー・レナートさんは最後のコラムについて、「最も困難な状況で書かれた夫のジェイソンさんへのラブレターであり、夫と私たちすべてのための最高の贈り物だった」とコメントしています。

 

スプーンくん
「ぼく、ともだちにくらべたらぜんぜんだめなんだもん」いつもげんきなスプーンくんがちょっとおちこんでいます。どうしちゃったんでしょうか。

 
アヒルだってば!ウサギでしょ!
これぞアヒルだーってのが、このほんのなかにいるんだ。いンやちがうね、そいつはウサギくんだよ。カバーをよくみてよ。アヒルだってばァ。いンや。ウサギじゃないのォ。アヒルだよォ。ウサギだってばァ。アヒルだったら、もう。ウ・サ・ギ、ですゥ。モノの見え方って、人それぞれ。アメリカで子どもたちに大人気。とってもふしぎでゆかいなだまし絵絵本。

 
【関連】
CNN.co.jp : 「夫と結婚してください」 絵本作家ローゼンタール氏、コラム残し死去

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です