本のページ

SINCE 1991

【中原中也賞】マーサ・ナカムラさん『狸の匣』が受賞

【中原中也賞】マーサ・ナカムラさん『狸の匣』が受賞

【中原中也賞】マーサ・ナカムラさん『狸の匣』が受賞

山口市は2月10日に第23回中原中也賞の最終選考会を開催し、受賞作を決定しました。

 

第23回中原中也賞はマーサ・ナカムラさんの『狸の匣』に決定!

第23回中原中也賞には、2016年12月1日から2017年11月30日までに刊行された現代詩の詩集174点の応募がありました。

最終選考に選ばれた7作品を対象に2月10日、山口市内で選考会が開催され、埼玉県の会社員・マーサ・ナカムラさん(27)の『狸の匣』(思潮社)が受賞作に選ばれました。

 
【選考結果】
■中原中也賞
マーサ・ナカムラさん『狸の匣』(思潮社)

■最終選考作品
・海老名絢さん『きょりかん』(私家版)
・田中さとみさん『ひとりごとの翁』(思潮社)
・十田撓子さん『銘度利加』(思潮社)
・橋本シオンさん『これがわたしのふつうです』(あきは書館)
・藤本哲明さん『ディオニソスの居場所』(思潮社)
・マーサ・ナカムラさん『狸の匣』(思潮社)
・松本秀文さん『「猫」と云うトンネル』(思潮社)

 
選考委員は、荒川洋治さん(現代詩作家)、井坂洋子さん(詩人)、佐々木幹郎さん(詩人)、高橋源一郎さん(作家・明治学院大学教授)、蜂飼耳さん(詩人)。

 
受賞者のマーサ・ナカムラさんには、正賞と中原中也ブロンズ像、副賞として100万円が贈られます。贈呈式は4月29日に湯田温泉ユウベルホテル松政(山口市湯田温泉)で開催。なお、作家・太田治子さんによる記念講演も行われます。

なお、文芸誌『ユリイカ』(青土社)4月号に、受賞作の一部と選考会の内容が掲載されます。

受賞者のコメント、受賞者の経歴、選考経過、選考委員のプロフィールなど詳細は、http://www.city.yamaguchi.lg.jp/soshiki/23/36702.html をご覧ください。

 

中原中也賞について

中原中也賞は、日本の近代詩史に偉大な足跡を残した、山口市出身の詩人・中原中也の業績を永く顕彰するため創設された文学賞です。

山口市が主催し、「新鮮な感覚を備えた優れた現代詩の詩集」に授与されます。青土社と角川文化振興財団が後援。

なお、著者本人の公募および出版社・報道機関等の推薦による作品を対象に選考が行われます。

 

狸の匣
タ テ タ テという音がなったが、 人が戻った音でも 雨粒が落ちた音でもなく、 参列にきた狐が(意味も分からず) 狸の背をたたいているのである (「柳田國男の死」)

幽明の、生物の、時空の境をこえ、詩想を自在に羽ばたかせる。颯爽と紡ぎだす、現代の民話20篇!2016年度現代詩手帖賞詩人による、待望の第1詩集。

 
【関連】
第23回中原中也賞がマーサ・ナカムラさんの『狸の匣』に決定しました – 山口市ウェブサイト
(締め切りました)第23回中原中也賞の対象作品を募集します – 山口市ウェブサイト

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です