本のページ

SINCE 1991

【第五回京都本大賞】原田まりるさん『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が受賞

「第五回 みんなで選ぶ 京都本大賞」の結果が発表され、原田まりるさんの『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が受賞作品に選ばれました。

また、10月5日には第五回京都ガイド本大賞も発表されており、 『京都パンガイド+大阪・神戸・滋賀』が大賞に、グレゴリ青山さんの『深ぼり京都さんぽ』がリピーター賞に選ばれています。

 

第五回京都本大賞について

「京都本大賞」は、過去1年間に発刊された京都府を舞台にした小説の中から、もっとも地元の人々に読んで欲しいと思う小説を決める賞です。

決定方法は書店員と一般の読者の方の投票で決定します。

 
今回は、以下の最終ノミネート3作品の中から、原田まりるさんの『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』が大賞に輝きました。

【最終ノミネート作品】
『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』 (原田まりるさん/ダイヤモンド社)
『罪の声』 (塩田武士さん/講談社)
『手のひらの京(みやこ)』(綿矢りささん/新潮社)

 

第五回京都ガイド本大賞も発表

京都の書店員がおすすめする京都のガイド本を決める「第五回京都ガイド本大賞(京都ガイド本大賞2017)」が、先日(10月5日)に発表されました。

ビギナーの方も活用できる「大賞」と、何度も京都に来ているファンの方におすすめの「リピーター賞」があります。

■大賞:『京都パンガイド+大阪・神戸・滋賀』(朝日新聞出版・刊)

■リピーター賞:『深ぼり京都さんぽ』(グレゴリ青山さん・著 集英社インターナショナル・刊)

 

ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。
17歳の女子高生・児嶋アリサはアルバイトの帰り道、「哲学の道」で哲学者・ニーチェと出会います。
哲学のことを何も知らないアリサでしたが、その日をさかいに不思議なことが起こり始めます。

ニーチェ、キルケゴール、サルトル、ショーペンハウアー、ハイデガー、ヤスパースなど、哲学の偉人達がぞくぞくと現代的風貌となって京都に現れ、アリサに、『哲学する』とは、何かを教えていく感動の物語。

 
【関連】
京都府書店商業組合
京都本大賞(@kyotobontaisho) | Twitter

京都本大賞に、『ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。』がノミネート! | ニーチェが京都にやってきて17歳の私に哲学のこと教えてくれた。 | ダイヤモンド・オンライン

【第五回京都本大賞】投票受付を開始 | 本のページ
『深ぼり京都さんぽ』グレゴリ青山さんが「みやこの魅力」を発掘 | B O O K P O O H

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です