本のページ

SINCE 1991

古谷経衡さんが激アツプレゼン!田村淳さんも買った!佐川恭一さん『シン・サークルクラッシャー麻紀』が緊急増刷!

佐川恭一さん『シン・サークルクラッシャー麻紀』が緊急増刷!

佐川恭一さん『シン・サークルクラッシャー麻紀』が緊急増刷!

作家・高橋文樹さんが代表を務める株式会社破滅派が6月20日に出版した佐川恭一さん著『シン・サークルクラッシャー麻紀』は、佐川さんの名を世に知らしめた電子書籍『サークルクラッシャー麻紀』の長編化ということで高い前評判を獲得していましたが、反響が大きく、発売一ヶ月経たずに緊急増刷が決定しました。

また、作家・古谷経衡さんが「10万部売れてもおかしくない」「面白すぎて危険」とまで言った本作品は、Amazon書籍日本文学カテゴリーで1位の快挙達成しています。

 

佐川恭一さん『シン・サークルクラッシャー麻紀』を古谷経衡さんが「田村淳のNewsCLUB」で激アツプレゼン!

作家の古谷経衡さんは電子書籍『サークルクラッシャー麻紀』を読み、「佐川恭一は天才」と確信。すぐさま長編の『シン・サークルクラッシャー麻紀』を読み、ゲンロン主催の配信プラットフォーム・シラスで「<書評回>面白過ぎて危険『シン・サークルクラッシャー麻紀』『サークルクラッシャー麻紀』」を配信。この間、わずか三日でした。
https://shirasu.io/t/aniotahosyu/c/aniotahosyu/p/20220627080201

 
翌週、古谷さんは「ロンドンブーツ1号2号 田村淳のNewsCLUB」でゲスト出演したときに突如『シン・サークルクラッシャー麻紀』を猛プッシュ。

◎面白すぎて危険だ
◎10万部売れてもおかしくない
◎私は泣きました
◎次の直木賞も取れるんじゃないか

 
こうした熱烈な評価をすると、田村淳さんを含む出演者全員がその場で購入。このラジオ放送でAmazonランキングが急上昇し、2022年7月9日、書籍全体で18位、日本文学カテゴリー限定では1位となりました。
(※破滅派の書籍はAmazonでカテゴリーを付与されていないので、当時日本文学1位の書籍よりも総合ランキングが高かったことをもって1位相当としています)

 

 
急激に注目が集まったことにより、版元在庫が切れてしまい、現在増刷中です。増刷出来は8月9日となっています。

「中古市場で値上がりしていますが、必ず手に入りますので、定価よりも高い価格で購入しないようにお願いいたします」とのことです。

 

佐川恭一からのメッセージ

 

『シン・サークルクラッシャー麻紀』について

佐川恭一さん著『シン・サークルクラッシャー麻紀』

佐川恭一さん著『シン・サークルクラッシャー麻紀』

 
【内容紹介】

クラッシャられるべきか、クラッシャられないべきか、それが問題だ
――あのサークルクラッシャーが帰ってきた!――

佐川恭一の名を世に知らしめた伝説の作品が長編小説として生まれ変わる。奇跡の童貞文学、ここに誕生。

破滅派から出た電子書籍としてもっとも読まれた『サークルクラッシャー麻紀』(2022年4月時点で累計1,500部!)と佐々木敦さんが選ぶ今年の10冊(東京新聞・2019年)にランクインした『受賞第一作』をマッシュアップ!アンドレ・ジィド『贋金つかい』を思わせる「意外にも文学的な構造」と「下品スレスレ外角低めの文体」が織りなす佐川ワールドの新境地が誕生。

麻紀はなぜサークルをクラッシュをしたのか?崩壊した文芸サークル「ともしび」出身で「受賞第一作」にてデビューした覆面作家の正体は?青春の蹉跌を抱えながらサラリーマンとして生きる部長は「文学」を取り戻せるのか?

今年作家デビュー10周年を迎える佐川恭一さんの新しいマイルストーンがいま打ち立てられる。

 
<推薦コメント>

“童貞は全員読んでください。童貞からのお願いです。”
―― Amazon レビュワー

“予言する。佐川恭一は日本文学史に残る大作家になる。必ず。”
―― 樋口恭介さん(SF作家)

“面白かった、かつ、ちょっといや~な気持ちになった。”
―― ベルさん(文学YouTuber)

 

著者プロフィール

著者の佐川恭一(さがわ・きょういち)さんは、滋賀県出身。京都大学文学部卒業。2012年『終わりなき不在』でデビュー。

『無能男』(南の風社)、『ダムヤーク』(RANGAI文庫)、『舞踏会』(書肆侃侃房)、『アドルムコ会全史』(代わりに読む人)など著書多数。2019年『踊る阿呆』で第2回阿波しらさぎ文学賞を受賞。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。