本のページ

SINCE 1991

吉村萬壱さん”ディストピア群像劇”『CF(シーエフ)』が刊行

吉村萬壱さん著『CF(シーエフ)』

吉村萬壱さん著『CF(シーエフ)』

吉村萬壱さんによる、金さえ積めばすべてチャラ、罪の責任を無化する会社「CF」(Central Factory)をめぐり交錯する人間模様を描いたディストピア群像劇『CF(シーエフ)』が徳間書店より6月29日(水)に刊行されます。

 

花村萬月さん、尾崎世界観さん(クリープハイプ)激賞! 問題作を放ち続ける異能の作家、吉村萬壱さん最新作『CF(シーエフ)』

「この小説家は本当に恐ろしい」(花村萬月さん)、「CFに行きたい」(クリープハイプ・尾崎世界観さん)と激賞が寄せられた、吉村萬壱さんの新たなる代表作が誕生しました。

 
<あらすじ>

罪の責任を取る必要がない「無化」を行ってくれる超巨大企業・Central Factory。
加害者のみならず被害者の苦しみも取り除いてくれる夢のような技術を持ち、世を平穏へと導いている。が、それに疑問を持つ男がひとり。男はCFへのテロを計画していた。

人生に上手く馴染めないキャバクラ嬢、能面のような夫の表情に悩む主婦、少女へ恋する中学生、自由を持て余すホームレス、CFの布教に勤しむ老婆、CFでの労働によって犯罪の清算をする中年、社長の著作代筆作業に行き詰まるCF広報室長。そして、CFの欺瞞を暴こうとテロを計画する男。CFCFCF。CFをめぐり、人々は交錯する。罪とは何か。責任のとり方を問うディストピア群像劇。

 
【花村萬月さん、尾崎世界観さん(クリープハイプ)激賞!】

「卑俗にして至聖、極微にして極大、さらには極北。この小説家はほんとうに恐ろしい。」
――花村萬月さん

「せっかく読んでいた物語が、CFのせいでグチャグチャになる。それは全部CFのせいなんだけど、そもそも何の為にこれを読んでいるのかとCFは思わせてくる。そこからはもう、CFにまるごと委ねれば楽になる。CFが全部やってくれる。CFが知っている。CFに行きたい。」
――尾崎世界観さん(クリープハイプ)

 

担当編集者より

贈収賄、万引き、強盗、殺人、不倫などなど。何か事が起きたときに、取らなければならない責任。物語ではこれらすべての責任を、巨大企業・CFが有耶無耶にしてくれます。責任を題材にとった、SFのような、ディストピアのような小説です。でも読み終わったときの肌触りはノンフィクション、リアルな日本でした。吉村萬壱さんの冷徹な観察力と憤りが光る、物語をお楽しみください。

 

著者プロフィール

著者の吉村萬壱(よしむら・まんいち)さんは、1961年生まれ。愛媛県松山市出身、大阪育ち。京都教育大学卒業後、東京、大阪の高校、支援学校教諭を務めた後、52歳で専業作家に。2001年「クチュクチュバーン」で第92回文學界新人賞を受賞してデビュー。

2003年「ハリガネムシ」で第129回芥川賞、2016年『臣女』で第22回島清恋愛文学賞を受賞。小説のほかに漫画『流しの下のうーちゃん』、エッセイ集『生きていくうえで、かけがえのないこと』『うつぼのひとりごと』『哲学の蠅』がある。

ほかの著書に『バースト・ゾーン 爆裂地区』『ヤイトスエッド』『ボラード病』『虚ろまんてぃっく』『前世は兎』『出来事』『流卵』『死者にこそふさわしいその場所』など。

 

CF
吉村萬壱 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。