本のページ

SINCE 1991

丸善ジュンク堂書店が〈書店員が選ぶ「夏の文庫50冊」フェア〉を開催

丸善ジュンク堂書店が〈書店員が選ぶ「夏の文庫50冊」フェア〉を開催

丸善ジュンク堂書店が〈書店員が選ぶ「夏の文庫50冊」フェア〉を開催

丸善ジュンク堂書店は、全国の書店員が選んだ「夏の文庫50冊」フェアを8月31日(水)まで、全国の店舗で開催中です。

 

丸善ジュンク堂書店のスタッフが「夏に読みたくなる文庫50冊」を選出!

「夏の文庫」といえば大手出版社3社による、いわゆる「100冊フェア」が定番で、出版市場の中でも長く定着しています。

 
今回、丸善ジュンク堂書店では文庫ジャンルに長く携わっているベテラン書店員と本部のバイヤーが中心となり、その3社以外の出版社から刊行されている文庫の中から50冊を選びました。

刊行してから時間が経ってなかなか脚光を浴びることがなくなっていた本や、夏休みを利用して学生さんに読んでもらいたい本など、さまざまなジャンルの50冊が集まっています。

 
<選考委員からのコメント>

書店員一人一人にそれぞれの「夏の文庫」といえる本があるはず・・・
この企画はそんな想いからスタートしました。
書店における夏の定番フェア「夏の100冊」を展開する出版社以外のタイトルから、それぞれの書店員が推したい文庫を選び、それを我々選考委員が50冊に絞り込みました。
「こんな本あったんだ」「読んでみようかな」という新たな出会いにつながるラインナップになったと自負しています。
この夏、出版社が選んだ毎年恒例の300冊(100冊フェア×3社)と丸善ジュンク堂書店が選んだ今回の50冊、あわせて350冊の中からお気に入りの「夏の文庫」と出会えますように。

 

「丸善ジュンク堂書店スタッフが選ぶ夏の文庫50冊」のリスト〔敬称略〕

『チルドレン』 伊坂 幸太郎 (講談社)

『非・バランス』 魚住 直子 (講談社)

『窓ぎわのトットちゃん 新組版』 黒柳 徹子 (講談社)

『妖怪アパートの幽雅な日常 1』 香月 日輪 (講談社)

『国語入試問題必勝法 新装版』 清水 義範 (講談社)

『幸福な食卓』 瀬尾 まいこ (講談社)

『図書館の魔女 1』 高田 大介 (講談社)

『島はぼくらと』 辻村 深月 (講談社)

『夜中の薔薇 新装版』 向田 邦子 (講談社)

『すべてがFになる』 森 博嗣(講談社)

『長い旅の途上』 星野 道夫(文藝春秋)

『最愛の子ども』 松浦 理英子 (文藝春秋)

『69 sixty nine』 村上 龍 (文藝春秋)

『カラフル』 森 絵都 (文藝春秋)

『終点のあの子』 柚木 麻子 (文藝春秋)

『読書嫌いのための図書室案内』 青谷 真未 (早川書房)

『虐殺器官 新版』 伊藤 計劃 (早川書房)

『わたしを離さないで』 カズオ イシグロ (早川書房)

『そして誰もいなくなった』 A.クリスティー (早川書房)

『アルジャーノンに花束を 新版』 D.キイス (早川書房)

『たったひとつの冴えたやりかた』 J.ティプトリー(早川書房)

『あなたの人生の物語』 T.チャン (早川書房)

『空飛ぶ馬』 北村 薫(東京創元社)

『ぬばたまおろち、しらたまおろち』 白鷺 あおい (東京創元社)

『さよなら妖精』 米澤 穂信 (東京創元社)

『ずっとお城で暮らしてる』 S.ジャクスン (東京創元社)

『十九歳の地図 新装新版』 中上 健次 (河出書房新社)

『はじめての短歌』 穂村 弘 (河出書房新社)

『ハローサマー、グッドバイ』 M.コーニイ (河出書房新社)

『倚りかからず』 茨木 のり子 (筑摩書房)

『星か獣になる季節』 最果 タヒ (筑摩書房)

『まともな家の子供はいない』 津村 記久子 (筑摩書房)

『水木しげるのラバウル戦記』 水木 しげる(筑摩書房)

『村に火をつけ、白痴になれ 伊藤野枝伝』 栗原 康 (岩波書店)

『柿の種』 寺田 寅彦(岩波書店)

『プチ哲学』 佐藤 雅彦 文と絵(中央公論新社)

『犬が星見た ロシア旅行 新版』 武田 百合子 (中央公論新社)

『女が死ぬ』 松田 青子 (中央公論新社)

『和菓子のアン』 坂木 司 (光文社)

『世界でいちばん長い写真』 誉田 哲也 (光文社)

『舟を編む』 三浦 しをん (光文社)

『有頂天家族』 森見 登美彦(幻冬舎)

『彼方のアイドル』 奥田 亜希子 (双葉社)

『空色勾玉』 荻原 規子 (徳間書店)

『物語のおわり』 湊 かなえ (朝日新聞出版)

『ようこそ紅葉坂萬年堂』 神尾 あるみ (小学館)

『きみはいい子』 中脇 初枝(ポプラ社)

『よろこびの歌』 宮下 奈都 (実業之日本社)

『金子みすゞ名詩集』 彩図社文芸部 編纂(彩図社)

『10代にしておきたい17のこと』 本田 健 (大和書房)

 
★各書店員のおすすめコメントも含めた完全版はこちら:https://www.maruzenjunkudo.co.jp/info/20220613-01/

 

hontoポイント10倍&オリジナル文庫用カバープレゼントキャンペーンも開催

6月15日~8月31日の期間、「丸善ジュンク堂書店スタッフが選ぶ夏の文庫50冊」対象書籍のhontoポイントが10倍になります(※シリーズもののポイント10倍対象は、1巻のみとなります)。
会計の際にhontoカードまたは「honto with」アプリカードをレジにてご提示下さい。

また、フェア対象書籍お買い上げで「フェアオリジナル文庫用カバー」をプレゼント(※対象書籍1冊のお買い上げにつき1枚お渡し。なくなり次第終了)。

★キャンペーンの詳細:https://honto.jp/store/news/detail_041000065354.html

 
<ハイブリッド型総合書店「honto(ホント)」について>

ハイブリッド型総合書店 honto(ホント)は、リアル書店「丸善」「ジュンク堂書店」「文教堂」「啓林堂書店」とネット書店「honto.jp」(通販ストア/電子書籍ストア)が連携した本のサービスです。各書店共通で貯めて・使えるポイントサービスや本好きのための様々なサービスを用意しています。

 
【関連】
書店員が選ぶ「夏の文庫50冊」フェアを2022年6月15日より開催 | 丸善ジュンク堂書店
honto店舗情報 – 丸善ジュンク堂書店スタッフが選ぶ夏の文庫50冊フェア|hontoポイント10倍:オリジナル文庫用カバープレゼント

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。