本のページ

SINCE 1991

トーハンがYouTubeチャンネル「出版区」で「三省堂書店 神保町本店」取材動画を公開

YouTubeチャンネル「出版区」で「三省堂書店 神保町本店」取材動画を公開

YouTubeチャンネル「出版区」で「三省堂書店 神保町本店」取材動画を公開

出版取次大手のトーハンが公式YouTubeチャンネル「出版区」にて、「三省堂書店 神保町本店」(東京・千代田区)を取材した動画を公開しました。

 

動画《「三省堂書店神保町本店」の「歴史と店舗」を紐解くッ!【5/8一時閉店前に突撃】》を公開

出版取次大手のトーハンは、本と出版業界の魅力を発信する目的でYouTubeの公式チャンネル「出版区(SHUPPUNK)」を運営。PUNK(パンク)な姿勢で“忖度なし”のリアルな出版系エンタメコンテンツを配信しています。

 
今回公開された動画《「三省堂書店神保町本店」の「歴史と店舗」を紐解くッ!【5/8一時閉店前に突撃】》では、5月8日(日)に老朽化にともなう建て替えのため一時閉店する東京都千代田区の「三省堂書店 神保町本店」を取材し、本社ビルを兼ねている店舗や店長へのインタビューを紹介しています。

インタビューでは “本の街・神保町” を象徴する書店の歴史がユニークなエピソードを交えて語られます。

 

 
【動画の概要】

4月8日(金)に創業141年を迎える同書店が、創業100周年記念事業として1981年3月に竣工した本社ビル(神保町本店)各フロアを紹介するほか、店長へのインタビューを通して老舗書店の歩みをたどります。

“本の街・神保町”を代表し、本好きの“聖地”として学生やファンに愛されてきた「三省堂書店 神保町本店」の歴史を、過去のユニークなエピソードを交えて紹介します。

 

トーハン公式YouTubeチャンネル「出版区」について

トーハンの公式YouTubeチャンネル「出版区」では、全国各地の書店を取材した動画をはじめとして、話題の本のレビュー、書店員さんの「ガチ感想」など、本と書店にまつわる動画を制作・公開しています。

★株式会社トーハンYouTube公式チャンネル「出版区」ホーム:https://www.youtube.com/c/shuppunk/

 
◆関連動画《昨年、鬼滅の刃で話題を呼んだ「多摩書房」の現在を取材してみたッ…!【ほんやさんぽ#01】》

今にも壊れそうな年季の入った木造の建物にもかかわらず、店頭には「鬼滅の刃全巻そろっています」という貼り紙…そのギャップでSNSを中心に話題を呼んだ多摩書房さん(東京都青梅市二俣尾)。

これまで歩まれた歴史や書店を営む思いなどを伺いました。

 

 
【関連】
出版区 – YouTube

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。