本のページ

SINCE 1991

『チェーザレ 破壊の創造者』完結記念!惣領冬実さん講演会「私のチェーザレ・ボルジア」が開催

(c)惣領冬実/講談社

(c)惣領冬実/講談社

NHK文化センターは、漫画家・惣領冬実さんによる講演会「『チェーザレ 破壊の創造者』完結記念~私のチェーザレ・ボルジア~」を3月29日(火)13時半より開催します。

16年もの長きにわたって連載された歴史漫画が昨秋完結。作者の惣領さんが本作に込めた思いをたっぷりと語ります。

今回は、青山会場(東京都港区)とオンラインでのハイブリット形式で実施されます。オンライン受講の申込者には、後日見逃し(アーカイブ)配信もついています。

 

歴史超大作マンガ完結記念の講演会を開催!

15世紀末、権力をほしいままにしたボルジア一族に生まれたチェーザレ・ボルジア。
イタリアの統一を目指し、人間の負の部分を隠すことなく、権力へ突き進んでいく一方、その知性と才覚は、かのニコロ・マキャベリからは「理想の君主」とも評されました。

 
そのチェーザレの青年期を16年にも渡る長期連載で描き切った漫画家、惣領冬実さん。徹底的な時代考証と緻密かつ美しい作画により生み出された物語は多くの読者をひきつけています。

今回の講演会では、惣領さんが本作に込めた想いや、いま読者に伝えたい思いをたっぷりと語ります。

(c)惣領冬実/講談社

(c)惣領冬実/講談社

 

講師プロフィール

講師の惣領冬実(そうりょう・ふゆみ)さんは、1959年、大分県の観世流能楽師の家に生まれる。1982年、服飾学校在学中にたまたま漫画新人賞の告知記事を見て投稿した作品が佳作を受賞し、『別冊少女コミック』(小学館)にてデビュー。主に少女向け漫画雑誌に多数の作品を発表。卓越した画力とドラマチックな恋愛描写で一躍人気に。

代表作に『ピンクなきみにブルーなぼく』『ボーイフレンド』『MARS』など。『ボーイフレンド』は第33回小学館漫画賞を受賞。また、『MARS』は台湾でも人気を博し、2004年には『戰神~MARS~』というタイトルでテレビドラマ化もされた。

2001年、青年漫画へ活躍の場を広げる。ヴェルサイユ宮殿と講談社、グレナ社の共同企画により制作された『マリー・アントワネット』や本作『チェーザレ ~破壊の創造者~』は、膨大な資料をもと美麗な作画と歴史に忠実な物語の世界観で描かれ、日本だけでなくフランス、イタリアなどでも評価されている。

★公式サイト:https://fuyumis.com/

 

「惣領冬実さん『チェーザレ 破壊の創造者』完結記念~私のチェーザレ・ボルジア~」開催概要

■講師:漫画家・惣領冬実 / 聞き手:石田麻利子さん

■開催日時:3月29日(火) 13:30~15:00

■受講料金:NHK文化センター会員4,004円、一般4,697円(入会不要)、 オンライン受講3,300円

■主催:NHK文化センター

★申込み&詳細
◎教室受講:https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1247576.html
◎オンライン受講:https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1247575.html

 

チェーザレ 破壊の創造者(1) (KCデラックス)
惣領 冬実 (著)

1491年、11月。フィレンツェの大富豪ロレンツォ・デ・メディチに見込まれたアンジェロは、各国から貴族や有力市民の子弟が集まる名門・サピエンツァ大学ピサ校に入学、一人の青年と出会う。彼の名はチェーザレ。スペイン出身で、父は教皇庁のナンバー2という名門貴族。はるか昔、全ヨーロッパを支配し巨大な帝国を築いた英雄と同じ名を持つ青年は、のちに現代政治学の祖・ニッコロ・マキァヴェッリの名著『君主論』のモデルとなり政治の天才と謳われた人物だった……。
闇に葬られた若き英雄が、今甦る。超美麗ルネッサンス絵巻!

15世紀のイタリア、ルネッサンス時代。現代政治学の祖・マキァヴェッリに「理想の君主」とまで謳われながら、歴史の闇に葬られた英雄チェーザレ・ボルジア。争いに向かおうとする不穏な時代に、全ヨーロッパ統一という野望を抱いた男の戦いの物語。

 
【関連】
【青山教室】惣領冬実さん『チェーザレ 破壊の創造者』完結記念 私のチェーザレ・ボルジア | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー
【オンライン】惣領冬実さん『チェーザレ 破壊の創造者』完結記念~私のチェーザレ・ボルジア~ | 好奇心の、その先へ NHKカルチャー

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。