本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 2月〕汐見夏衛さん×丸井とまとさん×河野美姫さん×水葉直人さん短編集『卒業 桜舞う春に、また君と』など4冊刊行

〔スターツ出版文庫 2月〕汐見夏衛さん×丸井とまとさん×河野美姫さん×水葉直人さん短編集『卒業 桜舞う春に、また君と』など4冊刊行

〔スターツ出版文庫 2月〕汐見夏衛さん×丸井とまとさん×河野美姫さん×水葉直人さん短編集『卒業 桜舞う春に、また君と』など4冊刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を2月28日に刊行しました。

 
■汐見夏衛さん最新作を含む「卒業」がテーマの4つの短編集『卒業 桜舞う春に、また君と』 著:汐見夏衛(しおみ・なつえ)さん、丸井とまと(まるい・とまと)さん、河野美姫(かわの・みき)さん、水葉直人(みずは・なおと)さん/イラスト:ふすいさん

 

【あらすじ】

君が世界を変えてくれた――新しい一歩を踏み出すラストに涙する

卒業式を前になぜか大切な友達と一緒に過ごせなくなった女子高生(「桜の花びらを君に」丸井とまとさん)、兄の急死で自分の居場所を見つけられず反抗する男子中学生(「初恋の答えは、約束の海で」水葉直人さん)、亡くなった彼との叶わぬ再会の約束を守ろうと待ち合わせ場所を訪れる女性(「花あかり~願い桜が結ぶ過去~」河野美姫さん)、自分宛てではないラブレターに正体を偽って返事を書く女子高生…(「うそつきラブレター」汐見夏衛さん)。桜舞う春、別れと出会いの季節に、さまざまな登場人物が葛藤し成長していく姿に心救われる一冊。

 
■自分を好きになるラストに涙!『泣いて、笑って、ありのままの君で』 著:音はつき(おと・はつき)さん/イラスト:ぷらこさん

 

【あらすじ】

臆病で嘘つきな自分が大嫌いだった――でも、正反対の君が私を変えたんだ

自分に自信のない白城庭は、嫌なことを嫌と言えず、自分の好きなもののことも隠して過ごしていた。ある日、クラスの中心人物・鍬内想にその秘密を知られてしまう。笑われると思ったのに「俺の前では、堂々と好きなものを好きって言っていい」と、ありのままの庭を受け入れてくれて…。想の存在が、ずっと本当の自分を見せるのが怖かった庭を変えていく。しかし、実は想にも庭に見せていない心の奥の葛藤があると知り――。正反対のふたりが認め合い、自分らしさを見つける、青春恋愛感動作!

 
■天涯孤独の花嫁×最強の鬼神の身籠り契約婚『京の鬼神と甘い契約 ~新しい命と永久の誓い~』 著:栗栖ひよ子(くりす・ひよこ)さん/イラスト:漣ミサさん

 

【あらすじ】

ただの偽装夫婦のはずが…鬼神の花嫁になる条件は、ご懐妊の契り!?

追放された京都の和菓子屋令嬢・茜は、店を取り戻すため、世にも美しい鬼神・伊吹と契約し、偽装夫婦となる。形だけの夫婦だったはずが、伊吹に過保護に溺愛されて…。しかし、人間が鬼神の本当の花嫁になるには、彼の子を身籠らねばならないと知り――。ウブな茜はその条件に戸惑い、伊吹とぎくしゃく。その頃、店に新しい店員・真白が入る。彼は、イジワルな鬼神様・伊吹とは真逆の優しい王子様イケメン。なぜか茜との距離が近い真白に伊吹の独占欲が目覚めて…。ふたりは果たして本当の夫婦になれるのか――!?

 
■人気シリーズ第2弾!『後宮妃は麒神の生贄花嫁 五神山物語』 著:唐澤和希(からさわ・かずき)さん/イラストレーター:宵マチさん

 

【あらすじ】

生贄花嫁の相手は前世で結ばれた運命の人で…ご懐妊するも命を狙われて⁉「愛しい君とお腹の子を必ず守る」

数百年に一度、黄色の星が流れると、時を統べる麒神・旺隠(おういん)に花嫁を捧げる国・漸(ぜん)帝国の公主として育った春蘭(しゅんらん)。好きな人がいる姉の代わりに麒神の生贄花嫁として捧げられることに。孤独な旺隠と天真爛漫な春蘭は一瞬で惹かれ合い、春蘭はご懐妊するも、突然命を失ってしまい…。そして三百年後、転生した春蘭は再び後宮入りし、旺隠と過去の幸せを取り戻そうと奔走し、愛されて――。「お腹の子と君を必ず守る」今度こそ愛し合うふたりの子を守れるのか…!? 大人気シリーズ五神山物語第二弾!

 
【関連】
2022年2月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ! ※著者コメントあり

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。