本のページ

SINCE 1991

【ITエンジニア本大賞2022】『達人プログラマー』と『プロダクトマネジメントのすべて』が受賞

「ITエンジニア本大賞2022」技術書・ビジネス書部門大賞が決定!

「ITエンジニア本大賞2022」技術書・ビジネス書部門大賞が決定!

翔泳社が主催する「ITエンジニア本大賞2022」では、2月17日にプレゼン大会&最終投票を開催し、技術書部門大賞およびビジネス書部門大賞を決定しました。

技術書部門大賞に『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』(オーム社)、ビジネス書部門書大賞に『プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで』(翔泳社)が選ばれました。

 

「ITエンジニア本大賞2022」技術書・ビジネス書部門大賞が決定!

ITエンジニア本大賞は、全国のITエンジニアがおすすめの技術書・ビジネス書を選ぶイベントで、出版社や刊行年は問わずこの1年を振り返っておすすめしたい本を投票するWeb投票と、プレゼン大会、2つのイベントを通して大賞を決定します。

 
Web投票数上位の技術書・ビジネス書、計6タイトルの著者、編集者など書籍関係者によるプレゼン大会が、2月17日にオンライン開催された総合ITカンファレンス「Developers Summit 2022」内で行われました。

その後、プレゼンと書籍の内容を元に、プレゼン大会視聴者による投票を行い、その場で、技術書部門大賞・ビジネス書部門大賞を決定、発表されました。また、特別ゲストによる特別賞も選出されました。

 
今後、全国の各書店にて「ITエンジニア本大賞2022フェア」が実施される予定です。プレゼン大会に参加した本の著者、編集者など書籍関係者の直筆コメント入りのPOPも展示し、プレゼン大会参加本やベスト10に選ばれた本を中心に展開されます。なお、フェアの最新情報については、公式サイトなどで告知されます。

 
なお、技術書・ビジネス書各部門の大賞受賞作は次の通りです。

 
< ITエンジニア本大賞2022 大賞受賞作品 > ※敬称略

■技術書部門

『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』
著者:David Thomas、Andrew Hunt
翻訳者:村上 雅章
出版社:オーム社

 
■ビジネス書部門

『プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで』
著者:及川 卓也、曽根原 春樹、小城 久美子
出版社:翔泳社

 
■特別賞

◎日高由美子さん 特別賞
『進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』
著者:太刀川 英輔
出版社:海士の風

◎和田卓人さん 特別賞
『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』
著者:David Thomas、Andrew Hunt
翻訳者:村上 雅章
出版社:オーム社

 
<参考:プレゼン大会参加本>

◆技術書部門
◎『1日1問、半年以内に習得 シェル・ワンライナー160本ノック 』(技術評論社)
◎『機械学習を解釈する技術?予測力と説明力を両立する実践テクニック』(技術評論社)
◎『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』(オーム社)

◆ビジネス書部門
◎『進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』(海士の風)
◎『ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする』(翔泳社)
◎『プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで』(翔泳社)

 
【ITエンジニア本大賞2022 技術書部門ベスト10】
『アジャイル開発とスクラム 第2版 顧客・技術・経営をつなぐ協調的ソフトウェア開発マネジメント』(翔泳社)
『1日1問、半年以内に習得 シェル・ワンライナー160本ノック』(技術評論社)
『AI・データ分析プロジェクトのすべて[ビジネス力×技術力=価値創出]』(技術評論社)
『AWSではじめるインフラ構築入門 安全で堅牢な本番環境のつくり方』(翔泳社)
『機械学習を解釈する技術~予測力と説明力を両立する実践テクニック』(技術評論社)
『達人プログラマー 熟達に向けたあなたの旅(第2版)』(オーム社)
『データ指向アプリケーションデザイン――信頼性、拡張性、保守性の高い分散システム設計の原理』(オライリー・ジャパン)
『分析者のためのデータ解釈学入門 データの本質をとらえる技術』(ソシム)
『モノリスからマイクロサービスへ ―モノリスを進化させる実践移行ガイド』(オライリー・ジャパン)
『LeanとDevOpsの科学[Accelerate] テクノロジーの戦略的活用が組織変革を加速する』(インプレス)

【ITエンジニア本大賞2022 ビジネス書部門ベスト10】
『恐れのない組織 「心理的安全性」が学習・イノベーション・成長をもたらす』(英治出版)
『進化思考 生き残るコンセプトをつくる「変異と適応」』(海士の風)
『超・箇条書き 「10倍速く、魅力的に」伝える技術』(ダイヤモンド社)
『直感と論理をつなぐ思考法 VISION DRIVEN』(ダイヤモンド社)
『ビジネスデザインのための行動経済学ノート バイアスとナッジでユーザーの心理と行動をデザインする』(翔泳社)
『プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで』(翔泳社)
『マーケターのように生きろ 「あなたが必要だ」と言われ続ける人の思考と行動』(東洋経済新報社)
『ユーザー中心組織論 ~あなたからはじめる心を動かすモノづくり~』(技術評論社)
『ユニコーン企業のひみつ――Spotifyで学んだソフトウェアづくりと働き方』(オライリー・ジャパン)
『良いFAQの書き方──ユーザーの「わからない」を解決するための文章術』(技術評論社)

 
★ITエンジニア本大賞2022 結果発表ページ:https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/result

 

ITエンジニア本大賞とは

「ITエンジニア本大賞」は、全国のITエンジニアがおすすめの技術書・ビジネス書を選ぶイベントです。2014年にスタートし、2020年より正式名称を「ITエンジニアに読んでほしい!技術書・ビジネス書 大賞」から、今まで通称であった「ITエンジニア本大賞」へ変更しました。

 
【ITエンジニア本大賞2022 開催概要】

■開催期間:2021年11月4日~2022年2月17日

■対象書籍:技術書、ビジネス書全般。刊行年は問わないが、この1年を振り返っておすすめしたい本。
※過去の大賞(https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/about#past)は、殿堂入りとし、選考から除外します

■選考方法:ITエンジニアのみなさんによるWeb投票で、各ベスト10を選出。技術書大賞・ビジネス書の各大賞は、Web投票で特に票の多かった6冊(技術書・ビジネス書各3冊)の本の著者、編集者など関係者によるプレゼン大会の最終投票で決定。

■主催:翔泳社
■特別協力:各メディア、全国書店、電子書籍ストアなど

★公式Webサイト:https://www.shoeisha.co.jp/campaign/award/
★公式Facebookページ:https://www.facebook.com/ITbookaward
★公式Twitterアカウント:https://twitter.com/ITbookaward

★ITエンジニア本大賞2022プレゼン大会イベント詳細:https://event.shoeisha.jp/devsumi/20220217/session/3650/

 

達人プログラマー(第2版): 熟達に向けたあなたの旅
David Thomas (著), Andrew Hunt (著), 村上 雅章 (翻訳)

より良いプログラマになるための実践的アプローチ
本書は、Andrew Hunt and David Thomas、 The Pragmatic Programmer 20th Anniversary Edition (Addison Wesley、 2019)の日本語版です。
本書は、より効率的、そしてより生産的なプログラマーになりたいと願うソフトウェア開発者に向けて、アジャイルソフトウェア開発手法の先駆者として知られる二人により執筆されました。経験を積み、生産性を高め、ソフトウェア開発の全体をより良く理解するための、実践的なアプローチが解説されています。
先見性と普遍性に富んだ本書は、入門者には手引きとなり、ベテランでも読み直すたびに得るものがある、座右の一冊です。

プロダクトマネジメントのすべて 事業戦略・IT開発・UXデザイン・マーケティングからチーム・組織運営まで
及川 卓也 (著), 曽根原 春樹 (著), 小城 久美子 (著)

世界水準のプロダクトマネージャーの叡智はこの1冊で完璧に得られる

Google、Microsoft、SmartNewsなどのプロダクト、BtoCおよびBtoB領域で国内のみならずグローバル展開に携わってきた百戦錬磨の著者陣が日本とシリコンバレーのあらゆる知見を詰め込み書き上げた、プロダクトマネジメントの決定版。

あらゆるモノがIT化する現代では、プロダクトの成功を抜きに、ビジネスを語ることはできない。

事業戦略、IT開発、UXデザイン、マーケティング、カスタマーサクセス、セキュリティ、知的財産、組織運営……。
何をどこまでおさえればいいのか?
本書はその海図となって、ビジネスを成功に導く。

プロダクトマネジメントに欠かせない知識、スキル、方法論、マインドセットを網羅しているため
●新事業・新サービス開発
●既存事業テコ入れ
●DX
●起業
●スタートアップ
にかかわるすべてのマネージャー、エンジニア、デザイナーにとっては必読の完全保存版である。

 
【関連】
ITエンジニア本大賞2022

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。