本のページ

SINCE 1991

岡田晴恵さん『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』を再び無料公開!

岡田晴恵さん『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』を無料公開!

岡田晴恵さん『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』を無料公開!

実業之日本社は、2020年12月に刊行した白鷗大学の岡田晴恵さんが自宅療養のための完全マニュアルを詳しくレクチャーする書籍『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』(監修:小林弘幸さん・鳥居明さん)を、昨年夏に続いてWebで再び無料公開を開始しました。

 

白鷗大学・岡田晴恵教授の『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』をWebで再び無料公開

オミクロン株の感染爆発によって、自宅療養者が激増している状況のなかで、国民の不安を少しでも和らげたいという本書の著者・岡田晴恵教授の強い思いを受けて、実業之日本社は再び無料公開を実施しました。

 
なお、今回のオミクロン株はこれまでの新型コロナウイルスとその性状が大きく異なるため、第2章(チャプター2)の「新型コロナウイルスにもしかかったら」以降の「自宅療養マニュアル」を公開します。

 
《『新型コロナ 自宅療養完全マニュアル』無料再公開の概要》

■公開終了日:2022年3月31日(木)
※感染状況によって延長する場合もあります

■閲覧料金:無料

★公開URL:https://onl.la/pGfUgwg

 
《著者コメント》

オミクロン株は一人感染すれば、家族みんなが感染してしまう恐れのある伝播力をもっています。お子さんがお父さんお母さんを看病するという事態も、起こるかもしれません。おひとり住まいの方は、何の準備もなければ食事にも不自由する可能性もあります。
どうぞ、いまから自宅療養の準備をしていただき、このオミクロンを乗り越えていっていただきたいと思います。

 

著者プロフィール

著者の岡田晴恵(おかだ・はるえ)さんは、白鷗大学教育学部教授。医学博士。専門は、感染免疫学、公衆衛生学。共立薬科大学(現・慶應義塾大学薬学部)大学院修士課程修了、順天堂大学大学院医学研究科博士課程中退。アレクサンダー・フォン・フンボルト奨励研究員としてドイツ・マールブルク大学医学部ウイルス学研究所に留学、国立感染症研究所研究員、日本経団連21 世紀政策研究所シニア・アソシエイトなどを経て、現職。

本書『新型コロナ自宅療養完全マニュアル』(実業之日本社)のほか、主な著書に『秘闘―私の「コロナ戦争」全記録―』(新潮社)『感染症とたたかう』(岩波新書/共著)、『知っておきたい感染症』(筑摩書房)、『どうする! ? 新型コロナ』(岩波書店)、『怖くて眠れなくなる感染症』(PHP 研究所)など。

 

新型コロナ自宅療養完全マニュアル
岡田 晴恵 (著), 小林 弘幸 (監修), 鳥居 明 (監修)

本格的な冬到来に先駆け、再び新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあります。
新型コロナウイルス感染症患者については、これまで一律に「入院」としてきましたが、政府は2020年10月から、「入院」の対象を、▼65歳以上の者
▼呼吸器疾患を有する者
▼臓器の機能低下が認められる者
▼免疫機能低下が認められる者
▼妊婦
▼重度・中等症の患者
などに限定すると発表し、実施が始まりました。

つまりは、新型コロナウイルスに感染しても、無症状感染者や軽症で入院が必要ないと医師が判断した人は、自宅で療養することに……。
家庭内での感染が広がっている中、もしも自分が、家族が新型コロナウイルス感染症に感染したら、どのように療養し、看病すればいいのか。
あるいはそれ以前に、新型コロナウイルス感染症に感染しないためにはどうしたらいいのか。
早期から新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けて各メディアで警鐘を鳴らし続けてきた白鷗大学の岡田晴恵先生が、自宅療養のための完全マニュアルを詳しくレクチャーします。

 
【関連】
新型コロナ自宅療養完全マニュアル・改訂版 – ConTenDo WebViewer

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。