本のページ

SINCE 1991

「梅田 蔦屋書店」人文コンシェルジュ・三砂慶明さん読書エッセイ『千年の読書』が刊行

三砂慶明さん著『千年の読書 人生を変える本との出会い』

三砂慶明さん著『千年の読書 人生を変える本との出会い』

「梅田 蔦屋書店」の人文コンシェルジュであり、同店の選書プロジェクト「読書の学校」を企画した三砂慶明さんが読書エッセイ『千年の読書 人生を変える本との出会い』を1月14日、誠文堂新光社より刊行します。

 

古今東西のおもしろい本250冊超を縦横無尽に紹介!

『千年の読書』は、250冊を超える古今東西の本を縦横無尽に紹介しながら、「なぜ、人生には本が必要なのか」を探求していく読書エッセイです。

三砂慶明さんが日常生活で見たこと・聞いたこと・考えたことに寄り添うように様々な本の一節が引用され、それらがうねるようにつながって、本をめぐる考察が進んでいきます。

 
そして、その考察から本を通した世界の見方、人生を変える本に出会うためのヒントが浮かび上がってくるような一冊です。

 
書店の棚は、1段30冊前後でおおよそ7段。そこで、本書では、1章で30冊程度を取り上げ、全7章で構成、書棚1本分の本を紹介しています。7つの章はそれぞれ「本との出会い」「生きづらさ」「働き方」「お金」「食」「幸福」「死」といったテーマをもっています。

『千年の読書』第1章より

『千年の読書』第1章より

 

本書の構成

まえがき なぜ人生には本が必要なのか

第1章 本への扉 人生を変える本との出会い

第2章 生きづらさへの処方箋 眠れない夜に読む本

第3章 新しい働き方を探す旅

第4章 「お金」から見た世界

第5章 「おいしい」は味なのか 現代の食卓と料理の起源

第6章 幸福の青い鳥 瞑想と脳と自然

第7章 本から死を考える 死の想像力

あとがき 本との出会いは人との出会い

BOOK LIST

 

著者プロフィール

著者の三砂慶明(みさご・よしあき)さんは、1982年生まれ。兵庫県出身。梅田 蔦屋書店 人文コンシェルジュ。

出版社勤務を経てカルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社入社。梅田 蔦屋書店の立ち上げから参加。同店で、多くの出版社とともに選書・フェアを行う「読書の学校」を企画・運営してきたほか、NHK文化センター京都教室にて「人生に効く! 極上のブックガイド」と題した読書講座を行う。「WEB 本が好き。」(光文社)などで読書エッセイの連載ももつ。

 

千年の読書: 人生を変える本との出会い
三砂 慶明 (著)

◆推薦コメント◆
読書を愛する人は、本について語り合うのも大好きだ。三砂さんと一緒に喫茶店に行き、いろんな話をしたくなった。
――佐渡島庸平(株式会社コルク代表取締役)

本と実人生は、こんなにも近い。ひりひりするような切実と熱に驚かされた。
――平松洋子(エッセイスト)

三砂さんの読書遍歴と思考を辿りながら、みるみると自分の生きるこの瞬間が愛おしくなりました。
輝く命の連なりのなかで、僕も本を読み、言葉をつづりたい。そういう思いでいっぱいです。
――後藤正文(ミュージシャン)

◆内容紹介◆
「シェイクスピアはマーロウがいなかったら、マーロウはチョーサーがいなかったら、チョーサーは無名の詩人たちが道を拓き、生のままの粗野な言葉づかいを直していなかったら書けなかった」―ヴァージニア・ウルフ

私たちが何気なく本屋で手に取る一冊は、実は人類の悠久の歴史と地下水脈のようにつながっています。
そして私たちが千年前に書かれた『源氏物語』に共感したり感動したりできるのは、「本」というメディアが存在するからです。

本には人の人生を変えるほどの力があります。俳優を目指していた著者の友人は、サン・テグジュペリの『夜間飛行』を読み、パイロットになることを決意しました。

本書は、人気イベント兼冊子「読書の学校」発起人であり、梅田 蔦屋書店で人文コンシェルジュを務める書店員・三砂慶明氏による、とてもパーソナルで、それゆえに普遍的な、本をめぐる考察。
なぜ、本には人生を変えるほどの大きな力があるのか。
そしてどうしたらそんな本に出会うことができるのか――。
雑誌「サンガジャパン」に2016年から5年間連載した内容を凝縮し、さらに大幅に加筆しました。

「生きづらさ」「働き方」「お金」「食」「幸福」「死」といったテーマで各章を構成。
200冊を超える古今東西のおもしろい本を縦横無尽に紹介する読書エッセイ。
本を通した世界の見方、そして「人生を変える一冊」に巡り合うためのヒントを紹介します。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。