本のページ

SINCE 1991

「スターツ出版文庫小説大賞」開催! 受賞作は「けんご小説紹介」さんプロデュースで書籍化 TikTok賞も新設、動画投稿の受賞作は冬野夜空さんがノベライズ

スターツ出版文庫小説大賞を開催!

スターツ出版文庫小説大賞を開催!

スターツ出版が発行する「スターツ出版文庫」は、「きみの物語が、誰かを変える。小説大賞 byスターツ出版文庫」のエントリーをスタート。「長編賞」「短編賞」に加え、「TikTok賞」を新設し、サイレントVlog形式の動画投稿を受け付けます。

 
TikTok賞受賞作品は、作家の冬野夜空さんがノベライズするほか、長編賞受賞作とともに、TikTokクリエイター「けんご小説紹介」さんプロデュースによる書籍化も行います。

また短編賞受賞作は、『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の作者・汐見夏衛さんの書下ろし小説とともに、アンソロジー小説として書籍化されます。

 

「きみの物語が、誰かを変える。小説大賞 byスターツ出版文庫」 開催概要

■賞
◎長編賞 (1作品): 書籍化+賞金30万円
◎短編賞 (作品数未定):汐見夏衛さんの書下ろし小説とのアンソロジー書籍化+賞金10万円
◎TikTok賞 (作品数未定):冬野夜空さんによるノベライズ書籍化+商品券10万円  ※受賞作品はTikTok LIVEで発表

■特別審査員
◎けんご小説紹介さん(全部門審査):フォロワー数27万人のTikTokクリエイター。紹介した本が重版を重ね、「動画をきっかけに本を読み始めた」という新しい読者を獲得している。
◎汐見夏衛さん(短編賞審査):2016年『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』でデビュー、シリーズ累計で30万部を超えるヒット作に。『夜が明けたら、いちばんに君に会いにいく』はシリーズ累計40万部。
◎ 冬野夜空さん(TikTok賞審査):2019年『満月の夜に君を見つける』でデビュー。『一瞬を生きる君を、僕は永遠に忘れない。』『100年越しの君に恋を唄う。』などをスターツ出版文庫より刊行。

■ 作品テーマ&応募方法
◎長編賞、短編賞 「切ない体験、恋、青春」
どんな人にも切ない体験のひとつやふたつ、あるかと思います。切ない体験は苦しく辛いことでもあるけど、愛しくて、美しく、生きる過程でとても大切なことと考えています。あなたの切ない体験から感じたこと、得られたことなど物語・小説に載せて伝えてほしい。フィクションでもノンフィクションでも構いません。
【応募方法】小説サイト「ノベマ!」に作品を投稿。「長編賞」80,000字以上「短編賞」10,000~30,000字

◎TikTok賞 「♯誰かに話したい」
ずっと胸の中にしまっている切ない体験や想いなど、誰かに話したいことを、綴ってみませんか。顔出しなしでも大丈夫。誰かと共有することで、救われる人がいるかもしれません。
【応募方法】TikTokにて動画を投稿、公開ください。投稿動画には必ず、「#誰かに話したい」とハッシュタグをつけてください。物語の表現方法は自由です。「ハッシュタグ欄に記載する」「テロップで文字を入れる」「文字を書いた紙を動画で撮影する」など、どういった形でも問題ありません。1人何作品でもエントリー可。

■スケジュール
◎長編賞、短編賞…2022年1月7日(金)エントリー開始、4月10日(日)締め切り、5月下旬頃 結果発表予定
◎TikTok賞… 2022年1月7日(金)エントリー開始、2月13日(日) 締め切り、2月末頃 結果発表予定

■応募資格:不問(プロ、アマ、年齢等一切問いません) 新人作家歓迎!

■受賞作品発表:「ノベマ!」「スターツ出版文庫TikTokアカウント(@stabunko)」「TikTok LIVE」にて発表

★詳細:https://novema.jp/contest

 

「スターツ出版文庫」編集部 コメント

「きみの物語が、誰かを変える。小説大賞」は、新しい時代の、新しい表現者のための小説大賞です。今を生きる、新しい世代の読者が、心から共感できる物語を届けたい。そんな想いから、この小説大賞は生まれました。審査員には、TikTokで多くの共感を集める、けんご小説紹介さん、『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』がTikTokで大反響を得た作家・汐見夏衛さん、弱冠22歳で作家デビューを果した若手作家・冬野夜空さんを迎え、新しい世代のみなさんで作っていく小説大賞にしたいと考えます。あなたが生きる今を物語で伝えてください。あなたが実際に感じた想いから生まれる物語は、きっと誰かを変える力になると信じています。あなたにしか書けない物語を、お待ちしております。

――スターツ出版文庫 編集部一同

 
【関連】
きみの物語が、誰かを変える。小説大賞 by スターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。