本のページ

SINCE 1991

〔スターツ出版文庫 12月〕汐見夏衛さんベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の続編など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 12月〕汐見夏衛さんベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の続編など4冊を刊行

〔スターツ出版文庫 12月〕汐見夏衛さんベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の続編など4冊を刊行

小説投稿サイト「野いちご」「ベリーズカフェ」「ノベマ!」を運営するスターツ出版は「スターツ出版文庫」の新刊4冊を12月28日に刊行しました。

 
■『あの星が降る丘で、君とまた出会いたい。』 著:汐見夏衛(しおみ・なつえ)さん/イラスト:あんよさん

 

【あらすじ】
13.3万部のベストセラー『あの花が咲く丘で、君とまた出会えたら。』の続編が発刊!
中2の涼は転校先の学校で、どこか大人びた同級生・百合と出会う。初めて会うのになぜか懐かしく、ずっと前から知っていたような不思議な感覚。まっすぐで凛とした百合に涼はどんどん惹かれていく。しかし告白を決意した矢先、百合から聞かされたのは、75年前の戦時中にまつわる驚くべき話で――百合の悲しすぎる過去の恋物語だった。好きな人に、忘れられない過去の恋があったら、それでも思いを貫けますか?愛することの意味を教えてくれる感動作。

 
■『交換ウソ日記2 ~Erino’s Note~』 著:櫻いいよ(さくら・いいよ)さん/イラスト:とろっちさん

 

【あらすじ】
高校で副生徒会長を務める江里乃は、正義感が強く自分の意見があり、皆の憧れの存在。そんな完璧に見える彼女だが、実は恋が苦手だ。告白され付き合ってもなぜか必ずフラれてしまうのだ。そんなある日、江里乃は情熱的なラブソングが綴られたノートを拾う。恥ずかしい歌詞にシラけつつも、こんなに純粋に誰かを好きになれるノートの中の彼を少し羨ましく感じた。思わずノートに「私も本当の恋がしたい」と変な感想を書いてしまう。ウソみたいな自分の本音に驚く江里乃。その日から、ノートの彼と“本当の恋”を知るための交換日記が始まって――。

 
■『京都やわらぎ聞香処 ~初恋香る鴨川の夜~』 著:広瀬未衣(ひろせ・みい)さん/イラスト:カズアキさん

 

京都やわらぎ聞香処 ~初恋香る鴨川の夜~

【あらすじ】
京都の老舗お香店の孫娘で高校生の一香は、人の心が色で見える特殊能力の持ち主。幼い頃、そのせいで孤独を感じていた彼女に「辛い時は目を閉じて、香りだけを感じて」と、匂い袋をくれたのが、イケメン香司見習い・颯也だった。彼は一香の初恋の人。しかし、なぜか彼の心の色だけは見ることができない。実は、颯也にもその理由となる、ある秘密があった…。そして一香は、立派に香司となった彼と共に、お香カフェ『聞香処』を任されることになり――。“香り”が紐解く、大切な心の記憶。京都香る、はんなり謎解きストーリー。

 
■『鬼の花嫁二 ~波乱のかくりよ学園~』 著:クレハさん/イラスト:白谷ゆうさん

 

【あらすじ】
あやかしの頂点に立つ鬼、鬼龍院の次期当主・玲夜の花嫁となった柚子。家族に虐げられていた日々が嘘のように、玲夜の腕の中で、まるで真綿で包むように溺愛される日々。あやかしやその花嫁が通うかくりよ学園大学部に入学し、いつか嫁入りするその日へ向けて花嫁修業に励んでいたけれど…。パートナーのあやかしを毛嫌いする花嫁・梓や、玲夜に敵対心を抱く陰陽師・津守の登場で、柚子の身に危機が訪れて…!?

 
【関連】
2020年12月発売のスターツ出版文庫 | 小説サイト ノベマ!

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です