本のページ

SINCE 1991

「変な姿を楽しんでほしい…」羽田圭介さん『三十代の初体験』が刊行

羽田圭介さん著『三十代の初体験』

羽田圭介さん著『三十代の初体験』

芥川賞作家・羽田圭介さんがあるがままの姿と思考の変遷をさらした体験エッセイ『三十代の初体験』が、主婦と生活社より刊行されました。

 

芥川賞作家から「初めて」が億劫になってきた方へ! これは「自分」を更新する一歩につながる自己啓発本!?

17歳で小説家デビューし、29歳で芥川賞を受賞した羽田圭介さんは30代になったとき、精神の微妙な変化に危機感を抱き、「初めて」の体験を敢えて自分に課しました。31歳から34歳まで、4年間かけて挑んだ数々の「初体験」は、〝微妙な年齢〟に達した著者の「問い」から始まっています。

 
「身体の元気な三十代のうちにやっておいたほうが人生を豊かにできることが、自分の今の生活の外側に色々とあるんじゃないか? 三十代前半は、体力が要るようなことはもちろん、身体の一部である脳を用いてなにかを習慣化させたり、習得したりすることが可能な、最後のスタート年齢となるかもしれない」
(「はじめに」より)

 
苦手意識や偏見を持っていたことに触れてみたとき、凝り固まった思考にハッとすることがある。憧れていたことを実際に体験してみると、意外にも「恐ろしさ」に気付くことがある。新たな資格を取りたいけど、自信がない。何か趣味を持ちたいけど、続かない。転職したいけど踏み出せない。

大人になるにつれて、自分の得意なこと、苦手なこと、できること、できないことの幅を決めつけてしまい、「初めて」に挑戦することを意識的に遠ざけていないだろうか――。

 
時に能動的に、時に偶発的に新しい体験をする――。羽田圭介さんがあるがままの姿と思考の変遷をさらした本書は、新しい道へ一歩だけ踏み出し、人生に豊かさをもたらすきっかけとなりうる、自己啓発本のような側面もある体験エッセイです。

 
「30代って、思い出の品を処分するときにそれなりに考えることがある年齡。人生でやるべきこと、やれないこと、やりたいけどできないことを分別して考えるようになった人間が、後悔しないために、いろいろやっていく変な姿を楽しんでもらえたら」
(「はじめに」より)

 

本書の目次

 
●三十一歳の初体験
1 ホテルで朝食
2 市ヶ谷の釣り堀
3 ジェルネイル
4 女子中高生向けの映画
5 ふうろうカフェ
6 アイロンビーズ
7 俳優になる
8 築地市場で買いもの
9 市場で食事する
10 トランポリンエクササイズ
11 ミュージカル出演
12 十二単を着る
13 高地トレーニング

十二単を着る

十二単を着る

●三十二歳の初体験
14 クリスマスケーキ作り
15 料理専門の家事代行
16 アユールヴェーダ
17 リアルな旅 と VR飛行
18 卓球教室
19 猫レンタル お出迎え
20 猫レンタル お別れ
21 VRアトラクション
22 ダンス教室
23 人間ドッグ
24 ゴルフ教室
25 ラップ教室
26 サッカーW杯観戦
27 黒染め
28 4時間かけた女装
29 原作小説のドラマ化の現場
30 パーソナルカラー診断

ダンス教室

ダンス教室

ラップ教室

ラップ教室

●三十三歳の初体験
31 ユーチューバー
32 ユーチューバーになる
33 子ども向けユーチューブ教室
34 応援上映
35 もの壊し放題の空間
36 フラワーアレンジメント
37 メダルゲーム
38 サウナフェス

フラワーアレンジメント

フラワーアレンジメント

●三十四歳の初体験
39 ボルダリング
40 ストレッチ専門店
41  ぶり一本釣り
42  サバ漁
43  古着を買う
44  瞑想
45  インナーケア&肌診断
46  狩猟体験

狩猟体験

狩猟体験

 

著者プロフィール

著者の羽田圭介(はだ・けいすけ)さんは、1985年生まれ。東京都出身。明治大学商学部卒業。2003年「黒冷水」で文藝賞を受賞しデビュー。

2015年「スクラップ・ アンド・ ビルド」で芥川賞を受賞。他の著書に『不思議の国の男子』『隠し事』『盗まれた顔』『メタモルフォシス』『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』『成功者K』『ポルシェ太郎』『Phantom』などがある。

 

三十代の初体験
羽田圭介 (著)

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です