本のページ

SINCE 1991

不可思議ドイツ移住記『ベルリンうわの空』完結篇が刊行!

香山哲さん著『ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ』

香山哲さん著『ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ』

ベルリン在住の漫画家・香山哲さんが移住生活を独特なタッチで描く『ベルリンうわの空』シリーズの3作目にして完結篇『ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ』が、11月8日(月)にイースト・プレスより刊行されます。

 

今の僕の「庭」はここで、住んでるみんなの「庭」でもある――不可思議ドイツ移住記、ついに完結!

 
〈高橋源一郎さん大推薦!〉
「知らない街なのに、会ったこともない人たちなのに、どうして、こんなにも懐かしく愛しく思えるのだろう。」

 
【概要】

ベルリンでのささやかながらやさしい生活を描き、各所で話題を呼んだ『ベルリンうわの空』シリーズ。
その3作目にして完結篇がついに刊行!

今作では、ベルリンはもちろんワルシャワやコペンハーゲンなどにも遠出しながら、主人公が「生活と人生」についてじっくり考えていきます。おなじみの個性的な友人たちも登場し、懐かしい「あの人」にも再会することに…!
日本に住むわたしたちも、自分自身の生活、周りの人々、住む場所のこれからに思いを馳せたくなる一冊です。

 

著者プロフィール

著者の香山哲(かやま・てつ)さんは、1982年生まれ。兵庫県出身。信州大学理学部生物科学科卒業、神戸大学大学院医学系研究科中退。漫画家、イラストレーター、ゲームクリエイター、ライター。

『香山哲のファウスト1』が2013年に第17回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査員推薦作品に入選。『心のクウェート』が2017年にアングレーム国際漫画祭オルタナティブ部門にノミネート。『ベルリンうわの空』が2021年に宝島社「このマンガがすごい! 2021」オトコ編10位にランクイン、第24回文化庁メディア芸術祭マンガ部門審査員会推薦作品に入選。ドイツ、ベルリン在住。

 

ベルリンうわの空 ランゲシュランゲ
香山 哲 (著)

不可思議ドイツ移住記、最終章。そして生活は続く。

◎もちろんうれしいオール2色印刷
◎書籍版限定書きおろしコラムも収録

<既刊>

ベルリンうわの空
香山 哲 (著)

ここ…もしかしたら最高の街なんじゃない?

なんの気なしに来てみたら、心に余裕が持てていた。
「のんびり生きたくなる」「住みたい」とSNSで反響じわり。
ささやかだけれどやさしい日常。ほんのりふしぎなタッチで描く自由きままなドイツ移住記。

◎とてもうれしいオール2色印刷
◎書籍版限定書きおろしコラムも収録

ベルリンうわの空 ウンターグルンド
香山 哲 (著)

宇垣美里さん推薦!
「日常の些細な幸せを集めてぎゅっと抱きしめて見えてくるもの 豊かに生きるってきっとこういうこと」

もう「お客さん」ではないわけだし、それなりに生きるぞ~
不可思議ドイツ移住記、第2章。今回は仲間とベルリンの”地下”へ!

この街ができるだけ良い感じになるように。
「最高過ぎる」「心穏やかに寝れる」とSNSで反響ぶわり。

◎やっぱりうれしいオール2色印刷
◎書籍版限定書きおろしコラムも収録

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です