本のページ

SINCE 1991

【第25回文化庁メディア芸術祭】マンガ部門は持田あきさん『ゴールデンラズベリー』が大賞を受賞 「浦沢直樹の漫勉neo ~安彦良和~」がエンターテインメント部門で大賞、鳥嶋和彦さんとbelneさんに功労賞

「第25回文化庁メディア芸術祭」受賞作品が決定!

「第25回文化庁メディア芸術祭」受賞作品が決定!

第25回文化庁メディア芸術祭の受賞作品が3月13日に発表され、マンガ部門では持田あきさんの『ゴールデンラズベリー』が大賞に選ばれました。

また、今回はエンターテインメント部門でNHK Eテレのドキュメンタリー番組「浦沢直樹の漫勉neo ~安彦良和~」が大賞を受賞。さらに、白泉社顧問の鳥嶋和彦さんと、マンガ家で開志専門職大学アニメ・マンガ学部教授のbelneさんが功労賞を受賞しています。

 

応募総数3,537作品から「第25回文化庁メディア芸術祭」受賞作品が決定!

文化庁メディア芸術祭は、「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。

 
今回、世界95の国と地域から応募された3,537作品の中から、部門ごとに「大賞」「優秀賞」「ソーシャル・インパクト賞」「新人賞」「U-18賞」が選出されました。また,世界40の国と地域から応募された125作品の中から、「フェスティバル・プラットフォーム賞」を選出。あわせて、「功労賞」としてメディア芸術分野に貢献のあった方を選出しています。

 
なお、これら受賞作品の展示・上映や関連イベントを実施する第25回の受賞作品展が、2022年9月16日から9月26日まで、東京・お台場の日本科学未来館を中心に開催される予定です。

 

「第25回文化庁メディア芸術祭」受賞作品

第25回文化庁メディア芸術祭の「マンガ部門」の大賞、優秀賞、新人賞の受賞作は次の通りです。

 
【マンガ部門】

■大賞

『ゴールデンラズベリー』持田あきさん[日本]

(c) Aki MochidaShodensha FEEL comics

(c) Aki MochidaShodensha FEEL comics

 
■優秀賞

◎『ダーウィン事変』うめざわしゅんさん[日本]
◎『デッドデッドデーモンズデデデデデストラクション』浅野いにおさん[日本]
◎『北極百貨店のコンシェルジュさん』西村ツチカさん[日本]
◎『私たちにできたこと――難民になったベトナムの少女とその家族の物語』ティー・ブイさん[米国]

 
■ソーシャル・インパクト賞

◎『女の園の星』和山やまさん[日本]

 
■新人賞

◎『きつねとたぬきといいなずけ』トキワ セイイチさん[日本]
◎『転がる姉弟』森つぶみさん[日本]
◎『ロスト・ラッド・ロンドン』シマ・シンヤさん[日本]

 
※作品概要、贈賞理由、審査委員会推薦作品一覧など「マンガ部門」の詳細は、https://j-mediaarts.jp/award/manga/ をご覧ください。
※他部門も含めた受賞作品の詳細は、https://j-mediaarts.jp/news/25th-award-winning-works/ をご覧ください。

 

エンターテインメント部門と功労賞について

今回、エンターテインメント部門(https://j-mediaarts.jp/award/entertainment/)ではNHK Eテレのドキュメンタリー番組「浦沢直樹の漫勉neo ~安彦良和~」が大賞を受賞しました。

作品概要、贈賞理由は、https://j-mediaarts.jp/award/single/naoki-urasawa-presents-manben-neo-yoshikazu-yasuhiko/ をご覧ください。

(c) NHK

(c) NHK

また、審査委員会の推薦によりメディア芸術分野に貢献のあった方に贈呈される功労賞(https://j-mediaarts.jp/award/special_achievement/)を、白泉社顧問の鳥嶋和彦さんとマンガ家で開志専門職大学アニメ・マンガ学部教授のbelneさんら4名の方が受賞しています。

鳥嶋和彦さんのプロフィール、贈賞理由は https://j-mediaarts.jp/award/single/torishima-kazuhiko/ を、
belneさんのプロフィール、贈賞理由は https://j-mediaarts.jp/award/single/belne/ をご覧ください。

 

文化庁メディア芸術祭について

文化庁メディア芸術祭は、「アート」「エンターテインメント」「アニメーション」「マンガ」の4部門において優れた作品を顕彰するとともに、受賞作品の鑑賞機会を提供するメディア芸術の総合フェスティバルです。

過去1年間に完成または、すでに完成してこの期間内に公開された作品を対象に、プロ、アマチュア、自主制作、商業作品を問わず、世界中から広く作品を募集して行われます。

応募作品は審査委員会による審査を経て、各部門の大賞、優秀賞、新人賞、審査委員会推薦作品と功労賞が決定されます。

なお、マンガ部門審査委員は、おざわゆきさん(マンガ家)、倉田よしみさん(マンガ家/大手前大学教授)、斎藤環さん(精神科医/筑波大学医学医療系教授/批評家)、島本和彦さん(マンガ家/株式会社アイビック代表取締役社長)、杉本バウエンス・ジェシカさん(龍谷大学国際学部国際文化学科准教授)。

★ウェブサイト:https://j-mediaarts.jp
★Facebook:https://www.facebook.com/JapanMediaArtsFestival
★Instagram:https://www.instagram.com/japan_media_arts_festival
★Twitter:https://twitter.com/JMediaArtsFes
★YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/JMediaArtsFes

 

ゴールデンラズベリー 1 (フィールコミックス)
持田あき (著)

仕事が続かない男×恋が続かない女
芸能界サクセス・ラブ・ストーリー!

学歴・高収入・高身長な
ハイスペック青年、北方啓介32歳。
しかしその実態は、勤めては辞めてばかりの「仕事が続かない男」なのだった。

24回目の転職でたどり着いた芸能プロダクションでも新人女優に逃げられまた辞めようか…と腐っていたある日、男と付き合っては別れを繰り返す「恋が続かない女」吉川塁と出会う。その瞳に魅入られ、塁を芸能界にスカウトした啓介だったが…

「僕と結婚してくれませんか」

まさかその24時間後にプロポーズすることになるなんて…!?

 
【関連】
第25回:応募総数3,537作品から、ついに受賞作品が決定! – 文化庁メディア芸術祭 – JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL
第25回受賞作品は3月13日(日)12:30から公式YouTubeチャンネルで発表! – 文化庁メディア芸術祭 – JAPAN MEDIA ARTS FESTIVAL

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。