本のページ

SINCE 1991

【第26回若山牧水賞】黒瀬珂瀾さん『ひかりの針がうたふ』が受賞

第26回若山牧水賞が決定!

第26回若山牧水賞が決定!

宮崎県は、短歌文学の分野で傑出した功績を挙げた者に贈る「第26回若山牧水賞」の受賞作を発表しました。

 

第26回若山牧水賞が決定!

第26回若山牧水賞の選考会が10月27日に開催され、次の通り受賞作が決定しました。

選考委員は、佐佐木幸綱さん、高野公彦さん、栗木京子さん、伊藤一彦さん。特別顧問に岡野弘彦さん、馬場あき子さん。

 
<第26回若山牧水賞 受賞作品>

黒瀬珂瀾(くろせ・からん)さん
歌集『ひかりの針がうたふ』(書肆侃侃房)

 
受賞者の黒瀬珂瀾さんは、1977年生まれ。大阪府出身。大阪大学文学部卒業、同大学大学院文学研究科修士課程修了。春日井建さんに師事。歌集『黒耀宮』でながらみ書房出版賞、歌集『蓮喰ひ人の日記』で前川佐美雄賞を受賞。2017年度NHK短歌選者。映画『サイダーのように言葉が湧き上がる』俳句監修。富山市の願念寺住職。

 

若山牧水賞について

若山牧水賞は、日本の短歌史に偉大な足跡を残した歌人・若山牧水(宮崎県日向市東郷町出身)の業績を永く顕彰するため、短歌文学の分野で傑出した功績を挙げた者に贈る文学賞です。宮崎県、宮崎県教育委員会、宮崎日日新聞社、延岡市、日向市が主催。

前年の10月1日から当年9月30日までに刊行された歌集及び若山牧水論の著者を対象に、全国の有力歌人にアンケートを行い、その結果を参考にして、選考委員が決定します。

 

ひかりの針がうたふ (現代歌人シリーズ31)
黒瀬珂瀾 (著)

光漏る方へ這ひゆくひとつぶの命を見つむ闇の端より

早朝の水質検査が終わるころ
斜めに差してくる幾本もの光
まっすぐ歌がやってくる

【自選5首】
言葉を五つ児が覚えたるさみしさを沖の真闇へ流して帰る
生なべて死の前戯かも川底のへどろ剥がれて浮かびくる午後
詩が僕を訪ねないので浜を這ふ蔓菜に死者の記憶を語る
うみそらの澄みゆく朝に切る舵の肌寒を妻と分かちたきかな
海沿ひに二年を生きて去るわれへ朝の汽笛は低く響けり

 
【関連】
第26回若山牧水賞の受賞者が決定しました ≪ 若山牧水賞【若山牧水賞運営委員会】

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です