本のページ

SINCE 1991

「第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」が授賞式、選考委員・江國香織さん×受賞者・堀川理万子さん受賞記念対談をライブ配信! 受賞作『海のアトリエ』の原画展も開催

「第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」が授賞式、選考委員・江國香織さん×受賞者・堀川理万子さん受賞記念対談をライブ配信!

「第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」が授賞式、選考委員・江國香織さん×受賞者・堀川理万子さん受賞記念対談をライブ配信!

東急文化村が運営する「Bunkamura」は、“深まる秋、Bunkaと待ち合わせ” をテーマに開催している「Bunka祭2021」の期間中である10月26日(火)に、9月に発表された「第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞」の授賞式を行います。

 

第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞 授賞式をYouTubeでライブ配信! 《選考委員》江國香織さん&《受賞者》堀川理万子さん受賞記念対談も

「Bunkamura」開館1周年の1990年9月3日に創設され、今年で31回目を迎えた「Bunkamuraドゥマゴ文学賞」は、フランスの老舗文学カフェから生まれた文学賞「ドゥマゴ賞」のユニークな精神を受け継ぎ、毎年変わる「ひとりの選考委員」によって受賞作が選ばれます。

 
第31回の受賞作品は、選考委員の江國香織さんによって本賞初となる絵本、堀川理万子さんの『海のアトリエ』 が選ばれました。贈呈式・受賞記念対談の模様は、無料ライブ配信されます。選考の過程や受賞者の思いを、リアルタイムでご覧ください。

 
<「第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞 授賞式」ライブ配信 概要>

■日程:2021年10月26日(火)

■配信:Bunkamura公式YouTubeチャンネル
※ライブ配信は無料で視聴できます。

★配信URL:https://www.youtube.com/user/Bunkamurachannel

 
【スケジュール】

◆17:30~:贈呈式

◆18:00~19:00(終了予定) :受賞記念対談
【選考委員】江國香織さん
【受賞者/受賞作】堀川理万子さん / 『海のアトリエ』(2021年5月 偕成社刊)

 

選考委員:江國香織さん 選評&プロフィール

 
【選評】 「文章にされていない、そういう全部」

美術館で一枚の絵をみるとき、そこに豊かな物語を感じることはあっても、それを文学とは呼ばない。では、絵本は?絵本はもちろん文学である。文章がついているからではない。絵本においては、絵が言葉だからだ。
堀川理万子さんのかかれた『海のアトリエ』を読めばすぐにわかる。一枚ずつすべての絵が、どんなに繊細に、静かに、かつ生き生きと、多くを語っていることか。
~中略~
一人で選んでいいというこの贅沢な文学賞に、これ以上なくふさわしい、贅沢な絵本だと思う。 (「選評」より抜粋)

 
<プロフィール>

江國香織さん

江國香織さん

1964年生まれ。東京都出身。1987年「草之丞の話」で「小さな童話」大賞を受賞。1992年『きらきらひかる』で紫式部文学賞、2002年『泳ぐのに、安全でも適切でもありません』で山本周五郎賞、2004年『号泣する準備はできていた』で直木賞、2015年『ヤモリ、カエル、シジミチョウ』で谷崎潤一郎賞など受賞作多数。多彩なジャンルで活躍している。

 

受賞者:堀川理万子さん「受賞の言葉」

 
【受賞の言葉】「絵を『読んで』もらえる喜び」

このたび、江國香織さんが『海のアトリエ』をBunkamuraドゥマゴ文学賞に選んでくださいました。その選評は、作者である私自身をインスパイアしてくれる、まさに文学的なものでした。江國さんが最良の読者の一人として、ご自身の記憶や、経験や、人生の時間を重ねながら、この絵本を「読んで」くださったことに、望外の喜びと深い感謝を覚えます。
江國さんは「絵本はもちろん文学である」とも書いておられました。私は、絵本から、読者のさまざまなイマジネーションが立ちあがってくれることを願いつつ制作しています。読者によってさまざまな見え方、感じ方を誘い、読者固有の感覚や想像を呼び起こし、そして、それがその人ならではの極私的な体験にまでなり得る、それが文学の力だとしたら、絵本を文学だと言い切ってくださったことは、なによりも大きな励ましです。
~後略~(「受賞の言葉」より抜粋)

 
<『海のアトリエ』あらすじ>

堀川理万子さん著『海のアトリエ』

堀川理万子さん著『海のアトリエ』

おばあちゃんの部屋には、女の子の絵がかざってある。「この子はだれ?」って聞いてみたら、「この子は、あたしよ」って教えてくれた。びっくりするわたしに、おばあちゃんが話してくれたのは、海辺のアトリエに暮らす絵描きさんと過ごした夏の日のこと、おばあちゃんにとって、いつまでも色あせない、特別な思い出だった。

 
※受賞作品や選評、受賞の言葉の詳細は、https://www.bunkamura.co.jp/bungaku/winners/31.html をご覧ください。

 

第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作 堀川理万子さん『海のアトリエ』原画展

第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞の受賞を記念して、10月24日(日)~11月4日(木)に堀川理万子さん作『海のアトリエ』の原画展が開催されます。少女の宝物のような日々を描いた透明水彩画13作品にて、堀川さんの作品世界を深く味わってください。

■名称: 第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作 堀川理万子『海のアトリエ』原画展

■会期: 2021年10月24日(日)~11月4日(木)

■会場: Bunkamura館内3か所にて展示 ※いずれも鑑賞無料
◎1F – エントランスウォール、Wall Gallery
◎B1F – ブックショップ ナディッフモダン店内

★詳細:https://www.bunkamura.co.jp/bungaku/topics/5321.html

 

堀川理万子さん プロフィール

堀川理万子さん

堀川理万子さん

堀川理万子(ほりかわ・りまこ)さんは、1965年生まれ。東京都出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了。画家として絵画作品による個展を定期的に開きながら、絵本作家、イラストレーターとしても作品を発表している。

おもな絵本に、『ぼくのシチュー、ままのシチュー』、今昔物語絵本『権大納言とおどるきのこ』、『くだものと木の実いっぱい絵本』、『おひなさまの平安生活えほん』、『けしごむぽん いぬがわん』、『びっくり まつぼっくり』(分:多田多恵子さん)、『氷河鼠の毛皮』(分:宮沢賢治)などがある。

 

Bunkamuraドゥマゴ文学賞とは

Bunkamuraドゥマゴ文学賞は、パリの「ドゥマゴ文学賞」(1933年創設)のもつ先進性と独創性を受け継ぎ、既成の概念にとらわれることなく、常に新しい才能を認め、発掘することを目的に、1990年に創設された文学賞です。権威主義に陥らず、既成の概念にとらわれることなく、先進性と独創性のある、新しい文学の可能性を求めています。東急文化村が主催。

前年7月1日から当年7月31日までの13ヶ月間に出版された単行本または雑誌等に発表された日本語の文学作品(小説、評論、戯曲、詩)を対象とし、受賞作は、毎年交代する「ひとりの選考委員」によって選ばれ、選考委員の任期は1年です。

今年度、第31回の選考委員は江國香織さんが務め、本賞初となる絵本、堀川理万子さんの『海のアトリエ』(2021年5月・偕成社刊)が選ばれました。

 

「Bunka祭2021」について

2019年に始まり、今回で3回目の開催となる「Bunka祭」は、音楽や美術、文学、食などを愉しめる秋の恒例イベントです。

音楽、美術、文学、食…、秋に愉しみたくなるBunkaを取り揃えています。また、ル・シネマのセカンドラインとして今年8月にオープンしたオンライン・シネマ「APARTMENT」では、よりパーソナルな空間で映画をお愉しみになれます。

その他、アートの愉しみ方や魅力をおうちで学べて愉しめるオンラインアートスクールも開催します。さまざまな文化(Bunka)と待ち合わせをして、渋谷でも、おうちでも秋を愉しみませんか。

★「Bunka祭2021」特設ページ:https://www.bunkamura.co.jp/sp/bunkasai2021

 

海のアトリエ
堀川理万子 (著)

おばあちゃんの部屋には、女の子の絵がかざってある。「この子はだれ」?って聞いてみたら、「この子は、あたしよ」って教えてくれた。
びっくりするわたしに、おばあちゃんが話してくれたのは、海辺のアトリエに暮らす絵描きさんと過ごした夏の日のこと、おばあちゃんにとって、いつまでも色あせない、特別な思い出だった。
少女がのびのびと心を開放することができた宝物のような日々を、まるで映画のシーンのように見応えのある絵で描いた魅力的な絵本。

 
【関連】
Bunkamurachannel – YouTube
第31回Bunkamuraドゥマゴ文学賞受賞作『海のアトリエ』原画展 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞 | Bunkamura
受賞作品 | Bunkamuraドゥマゴ文学賞| Bunkamura

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です