本のページ

SINCE 1991

水道橋博士さん『藝人春秋Diary』が刊行 『週刊文春』連載時の江口寿史さんのイラスト60枚もすべて掲載

水道橋博士さん著『藝人春秋Diary』(カバー&本文イラスト:江口寿史さん)

水道橋博士さん著『藝人春秋Diary』(カバー&本文イラスト:江口寿史さん)

水道橋博士さんが『週刊文春』で60回に渡って連載した「週刊 藝人春秋Diary」を書籍化した『藝人春秋Diary』(カバー&本文イラスト:江口寿史さん)が、スモール出版より刊行されました。

 

水道橋博士さんが紡ぐ、芸能界から政界までの渾身のルポルタージュ!

本書は、水道橋博士さんが『週刊文春』(文藝春秋)で2016年から2017年にかけて連載された「週刊 藝人春秋Diary」全60作を完全収録した決定版です。

 
本書は『藝人春秋』シリーズの第3弾(2012年『藝人春秋』、2017年『週刊 藝人春秋』)。前作のテイストを踏襲しながらも、本作には細かく日付を打ち、著者の日記であることを強調しています。全52章、568ページの超大冊となっています。

 
「虚と実。正と邪。表と裏。
自由に行き来できる笑いのワクチンパスを持つ男。
博士の芸人探求の文の魂には際限も門限もない。」
――高田文夫さん(放送作家)

 
【登場する人物】 ※敬称略

西野亮廣/尾崎世界観/三又又三/竹下景子/小泉今日子/石原伸晃/那須川天心/北野武/安住紳一郎/春風亭昇太/石坂浩二/加賀まりこ/ウディ・アレン/新しい地図/BIGBANG/BTS/みうらじゅん/麻生太郎/日野皓正/やくみつる/太田光/ユーミン/安倍晋三/松本人志/萩本欽一/遠藤賢司/和田アキ子/江口寿史/吉岡里帆/村本大輔/島田洋七/荒俣宏/春風亭小朝/太川陽介/ぶっちゃあ/たけし軍団/蛭子能収/浅野忠信/野中広務/大竹まこと/ビートたけし/岡村隆史/片山さつき/大仁田厚/笑福亭鶴瓶/剛力彩芽/前野朋哉/MEGUMI/高田文夫/内田裕也/樹木希林/古舘伊知郎 ほか

 
<江口寿史さんによる連載イラスト(60枚)もすべて掲載!>

本書描き下ろしの新作も掲載。

 

著者プロフィール

著者の水道橋博士(すいどうばしはかせ)さんは、1962年生まれ。岡山県出身。ビートたけしさんに憧れ上京するも、進学した明治大学を4日で中退。弟子入り後、浅草フランス座での地獄の住み込み生活を経て、1987年に玉袋筋太郎さんと漫才コンビ・浅草キッドを結成。1990年のテレビ朝日『ザ・テレビ演芸』で10週連続勝ち抜き、1992年テレビ東京『浅草橋ヤング洋品店』で人気を博す。

幅広い見識と行動力は芸能界にとどまらず、守備範囲はスポーツ界・政界・財界にまで及ぶ。メールマガジン「水道橋博士のメルマ旬報」編集長。

主な著書に『藝人春秋3 死ぬのは奴らだ』『藝人春秋2 ハカセより愛をこめて』『藝人春秋』(文春文庫)、『はかせのはなし』(KADOKAWA)ほか。
浅草キッドとしても『お笑い 男の星座2 私情最強編』『お笑い 男の星座 芸能私闘編』(文春文庫)などの著書がある。

 

藝人春秋Diary
水道橋博士 (著)

芸能者が書き記す
疾風怒濤の芸能界日記

『週刊文春』の連載「週刊 藝人春秋Diary」全60作を完全収録した決定版! 水道橋博士が紡ぐ、芸能界から政界までの渾身のルポルタージュ

江口寿史の連載イラスト(60枚)もすべて掲載

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です