本のページ

SINCE 1991

第17回「トイレ川柳」結果発表! 最優秀賞は「トイレから 立ち上がるまた 生きていく」 ”おしりだって、洗ってほしい。”の仲畑貴志さんが選考

TOTO株式会社は、第17回「トイレ川柳」の入選作品(ネオレスト賞(最優秀賞)[1句]/優秀賞[9句]/ほっとする・笑える賞[1句]/仲畑貴志賞[3句]/キッズ賞[3句]/中学生・高校生賞[3句]/佳作[20句])を決定しました。

2021年6月21日から8月23日までの期間、トイレにまつわる川柳を募集し、35,307句が集まりました。なお、計17回での累計応募総数は約45万句になります。

 

トイレをテーマとした川柳の名作・傑作が集結!

第1回目より「トイレ川柳」の審査員を務め、初代ウォシュレットの発売キャンペーン広告「おしりだって、洗ってほしい。」のコピーライター・仲畑貴志さんが選考した結果、ネオレスト賞(最優秀賞)には「トイレから 立ち上がるまた 生きていく」が選ばれました。

また、日常のほっとした出来事や思わず笑ってしまった出来事をテーマにした句「ほっとする・笑える賞」には「フタ開いて 後ずさりして 感心す」が選ばれました。

 
自由な外出が難しい日々の中で、「トイレ」が日常のほっとしたり、安心したり、一人になれる身近な場所として映し出されている句が多く、様々な生活シーンを切り取って豊かに表現されています。

受賞20句(佳作以外)については、トイレットペーパー型川柳集『第17回トイレ川柳大賞』(予定価格:税込350円)に掲載され、2021年11月10日(いいトイレの日)にTOTO出版より発行予定です。

 

第17回「トイレ川柳」受賞作品

 

 

 
【関連】
第17回 トイレ川柳 2021年[入賞作品発表] | TOTO

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です